「HYKE」2019 S/S TOKYO COLLECTION "ミリタリークロージング"のモードへの昇華

HYKE20181116s.jpg

今までのインスタレーション形式から、本格的なランウェーショーへとコレクションの見せ方を変えた今季のHYKE。その舞台となったのは、東京の湾岸エリアにある寺田倉庫。天井も高く見渡すほどに広い、コンクリートに包まれたワンフロアを、モデルたちが堂々と歩んだ。

HYKE20181116a.jpg

HYKE20181116b.jpg

HYKE20181116c.jpg

HYKE20181116d.jpg

HYKE20181116e.jpg

HYKE20181116f.jpg

HYKE20181116g.jpg

HYKE20181116i.jpg

HYKE20181116j.jpg

HYKE20181116k.jpg

HYKE20181116l.jpg

古着に造詣の深いHYKE、そのクリエイションの礎には一貫して古着から得た知識や学びがインスピレーションとして存在する。先シーズンから続いて、"ミリタリークロージング"をインスピレーションソースに、1930~40年代のアメリカ、イギリス、フランスの軍服にフォーカスをあてたコレクションを披露。US海軍のサルベージパーカー、デッキパンツ、ジャンブレーシャツやストライプ柄。さらにUSアーミーのM-51フィールドジャケット、US空軍L-2Aフライトジャケット、英国軍のラップコート、フランス軍のモーターサイクルパンツなどを再構築したというそのコレクションは、HYKE流のミリタリークロージングの解釈によって、極限まで洗練された新たなデザインへと生まれ変わり、モードへと昇華していた。また今回で3シーズン目となったTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)とのコラボレーションコレクションでも双方の相性の良さを見せつけ、ポンチョ風のロングコートやプリーツスカートなどレディースならではのアイテムが目を引いた。

HYKE20181116m.jpg

HYKE20181116n.jpg

HYKE20181116o.jpg

HYKE20181116p.jpg

HYKE20181116q.jpg

HYKE20181116r.jpg

春夏らしく、パフスリーブ、アコーディオンプリーツなどエアリーにふくらみや動きを感じさせるディテールで描いた柔らかな曲線に女性らしさを見る人の目に感じさせていた。
ミニマルでありながら、あまりにも美しくエレガントなミリタリーの表現は、まさに圧巻で、服の持つ力がストレートに見た人に届くランウェーショーに感激を覚えた。

HYKE20181116t.jpg


ブランド:HYKE / ハイク
デザイナー:Hideaki Yoshihawa・Yukiko Ode / 吉原秀明・大出由紀子

HYKE
www.hyke.jp


MAGAZINE

『装苑』2019年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top