第30回 イエール国際モード&写真フェスティバル 受賞者発表

HYÈRES 2015 
30th International Festival of Fashion and Photography

hyeres150428.jpg

授賞式にて。グランプリのAnnelie Schubert(中央右)と審査員特別賞のWieke Sinnige(中央左)。

4月27日から4日間、「イエール国際モード&写真フェスティバル」が開催された。南仏のリゾート地イエールで毎年開かれているこのフェスティバルは、ファッションデザイナーとフォトグラファーの登竜門として知られ、コンクールを通じてさまざまな企業が支援を行なっている。30周年を迎えた今年は、シャネル社が名誉招待され、カール・ラガーフェルドがフェスティバルのアートディレクターに就任。コンクールのファッション部門ではクリエイティブ スタジオ ディレクターのヴィルジニー・ヴィアールが、写真部門ではシャネル ファッションのイメージ ディレクター、エリック・フルンデールが審査委員長を務めた。

注目のファッション部門グランプリに輝いたのは、ベルリンのアートスクールを昨年卒業した28歳のAnnelie Schubert(ドイツ/フランス)。副賞として、スポンサーのプルミエール・ヴィジョン(生地の国際見本市)から賞金15,000ユーロ(約195万円)、プチバトーから製品作りのコラボレーションなどが贈られた。またシャネルは、昨年からグランプリ受賞者のコレクション制作のために、シャネル傘下の工房"メティエダール"による協力(15,000ユーロ/約195万円に相当)を提供している。

hyeres1504282.jpg

グランプリのAnnelie Schubertの作品。


さらにシャネルは、フェスティバル30周年を記念し、審査員特別賞を設置。受賞者のWieke Sinnige(オランダ)もまた、メティエダールによる支援(10,000ユーロ/約130万円に相当)が約束された。

hyeres1504283.jpg

審査員特別賞のWieke Sinnigeの作品。


この他、Anna Bornhold(ドイツ)がクロエ賞を、Yiyu Chen(台湾)が市民賞を獲得している。

hyeres1504284.jpg

左はクロエ賞のAnna Bornholdの作品、右は市民賞のYiyu Chenの作品。


hyeres1504285.jpg

右からカール・ラガーフェルド、ヴィルジニー・ヴィアール、エリック・フルンデール。© Karl Lagerfeld


www.villanoailles-hyeres.com
※6月27日発売の『装苑』8月号でさらに詳しくお伝えします!

photographs:Chieko Hama, text:Mariko Mito(B.P.B. Paris)


MAGAZINE

『装苑』2017年4月号、2月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top