MIKIO SAKABEのデザイナー、坂部三樹郎さんが新ブランドのディレクターに!DMM.makeと「GIDDY UP」を始動

オタクカルチャーとの融合やジェンダーレスなスタイルなど、常に新しいファッションの提案にチャレンジし、東京のファッションシーンを牽引する「MIKIO SAKABE(ミキオサカベ)」。そのデザイナーの一人、坂部三樹郎さんが新たなファッションブランド「GIDDY UP(ギディーアップ)」のディレクターに就任することが決定した。

「GIDDY UP」とは、英語で馬を走らせたり、スピードアップさせる時に使う慣用句に由来。物作りしたいかたの設計・製造・販売・技術導入をサポートするプラットフォーム「DMM.make」と共同で、ファッションのありかたを未来へと加速させ、未来のファッションのモデルケースを探るべく立ち上げられた。今回は、互いの感性と知識を共有し、実用化が難しいと言われているファッション×テクノロジー"ファッションテック"のアイテムを開発。2019SSパリコレクション期間中の発表を目指し、DMM.makeの3Dプリンターの技術を用いて、シューズや小物を制作していく。ブランド始動のお知らせにあたって公開されたシューズは、バネのようなモチーフや様々な色をレイヤードするなど、ユニークでフューチャリスティックなデザイン。


giddy180425


giddy2180425


giddy3180425


giddy4180425


giddy5180425


坂部さんは、「このブランドは、僕がディレクターとなり、デザインをクラウド化して様々なデザイナーが関わる全く新しい、『クラウドブランディング』という形のブランドを⽬指しています。この形は、ファッション業界全体のインキュベートにも繋がると思っています。僕が関わっている学⽣や若いデザイナーの子たちにも、この機会を通して、スタートアップ段階では普段使えないような機材や技術に触れ、そこで得た経験や新たな発見を自分たちのビジネスに繋げていって欲しいと思っています。
今は、作ったアイテムをアパレル流通システムに乗せるだけではビジネスとしての差別化が難しく、才能があっても埋もれてしまいやすい時代です。そんな中、ファッションテックを活用することで、ファッションビジネスを次の時代へ進められると確信しています。それもデザインだけでなく、システムそのものから構築したい。クラウドブランディングによりファッションの新しいありかたを提示し、その⼀例としてファッションテックを武器に、アジア発で世界に通じるメゾンを作りたいと思っています。ファッションはいつの時代も常に変わり続けるもので、いまファッションは終わったと⾔われても、それは新しい時代のスタートとなっていくものです。このブランドが新たな時代を⽰唆するヒントとなるよう、頑張りたいです」とコメントした。


giddy6180425


giddy7180425


giddy8180425


giddy9180425


giddy10180425


WEB:giddy-up.com

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top