【From パリ支局】アズディン・アライア回顧展 第2弾!「あるコレクションの秘密の錬金術」

―文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

昨年急死したデザイナー、アズディン・アライアの回顧展第2弾「あるコレクションの秘密の錬金術(The secret alchemy of a collection)」展がパリのギャラリー・アズディン・アライア(アソシエーション・アズディン・アライア)で開催されている。

本展ではアライアのコレクション史上最も多い、115作品が発表された1992年夏のコレクションの中から39体を展示。これらの作品はフランス国王ルイ15世の公妾マダム・ポンパドールにインスパイアを受けて製作されたものだ。ではなぜ「マダム・ポンパドール」だったのか?

それは1987年にアライアが自宅兼アトリエとして購入した建物から始まる話。
古びた建物の改築工事中に偶然に見つかったフレスコ画。詳しく調べてみると建物は昔の教育施設であり、若きジャンヌ=アントワネット・ポワソンが芸術やダンスを学んだ館だとわかった。ジャンヌ=アントワネットこそ、後にマダム・ポンパドールと呼ばれ国王の寵愛を受ける女性だ。貴族の子として生まれなかった彼女だが、その美貌と芸術への深い造詣、学術的才能、行動力で国政にも権勢を振るうほどにのし上がった。アライアにとって彼女は自由な女性の象徴となり、新しいアトリエで制作された初めてのコレクションに大きな影響を与えたのだった。

展示されるドレスやスーツはいずれもメゾン・アライアのシグネチャーであるボディコンシャスなシルエットだが、コルセットやレースなどをディテールに用いて18世紀のスタイルを現代に蘇らせている。


alaia_2018_julliet001.jpg


alaia_2018_julliet002.jpg


alaia_2018_julliet003.jpg


alaia_2018_julliet004.jpg


alaia_2018_julliet005.jpg


alaia_2018_julliet006.jpg


alaia_2018_julliet007.jpg


ファッション史に名を残したデザイナー、アズディン・アライアの転機となったコレクションをガラスケースで遮られることなく真近で鑑賞できる貴重な展覧会だ。


AZZEDINE ALAÏA "THE SECRET ALCHEMY OF A COLLECTION"
「あるコレクションの秘密の錬金術」展
期間:開催中〜2019年1月9日(日)
場所:ギャラリー・アズディン・アライア(アソシエーション・アズディン・アライア)
   18, rue de la Verrerie 75004 Paris
時間:11:00〜19:00 休館無し

Text&Photographs : B.P.B. Paris


関連記事:【From パリ支局】アズディン・アライア「私はクチュリエ」

MAGAZINE

『装苑』2018年9月号、7月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top