【From パリ支局】日本人デザイナーが見せるパリ・シック、Ken Okadaのコレクション

―文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなどパリで日々見つけたものを発信。

パリを拠点に活躍する日本人デザイナーの岡田剣(おかだ・けん)は、シャープさとフェミニティが融合するシックなコレクションを作り続け、フランスの働く女性に多くのファンを持つ。

先日発表された「KEN OKADA」の2018年春夏コレクションでは「秘密の花園」をテーマに、シースルー素材やアシンメトリックなフォルムで遊んだシャツやドレスを披露。背中がオープンになったセクシーなシルエットも登場し、ファンタジーあふれるバレリーナ・プリントや和洋折衷のフラワーモチーフも目を引く。

軽やかなムードの中、オリジナリティに富むディティールの作品が並び、フィナーレには観客から大きな拍手が送られた。


kenokada_SS2018_20171217_1.jpgkenokada_SS2018_20171217_2.jpgkenokada_SS2018_20171217_3.jpgkenokada_SS2018_20171217_4.jpgkenokada_SS2018_20171217_5.jpg

ショー会場となったのは、オペラ座に隣接するホテル「W Opéra-Paris」。
「Ken Okada」を上品に着こなす顧客たちの姿が印象的だった。
Photos : Driss Hadria Photographe
www.ken-okada.com


Text : B.P.B. Paris


MAGAZINE

『装苑』2018年4・5月合併号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top