【From パリ支局】2018 S/S PARIS COLLECTION パリコレクションのトピックス vol.8

―文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

【9日目のショー&プレゼンテーションより】

シャネル(CHANEL)1.chanel_2018SS_20171006_01_09.jpg2.chanel_2018SS_20171006_01_30.jpg3.chanel_2018SS_20171006_01.jpg4.chanel_2018SS_20171006_78.jpg5.chanel_2018SS_20171006_90.jpg6.chanelSS 2018 RTW - Finale pictures by Olivier Saillant_20171006.jpg

グラン・パレに滝や川が出現。山の谷間を散策するかのように、曲がりくねったランウェーをモデルが歩く演出で、提案されたのはバリエーション豊かなレインルック。透明ビニールのブーツやレインハット、トランスペアレントなジュエリーやバッグなど、遊び心をくすぐる小物も充実。流れる水を思わせるフリンジやブルーのグラデーションが涼しげなムードを高めていた。© CHANEL


アニエスベー(AGNÈS B.)1.agnesb-fem-ete 2017oct12001.jpg2.agnesb-fem-ete 2017oct12002.jpg3.agnesb-fem-ete 2017oct12003.jpg4.agnesb-fem-ete 2017oct12004.jpg5.agnesb-fem-ete 2017oct12005.jpg

軽やかなリネンのコートやワンピース、メンズライクなシャツジャケットなど、タウンにもリゾートにも活用できそうなワードローブ。ヨットハーバーやエッフェル塔のプリント、ベルトラン・ルベ、ジョンワン、アドリアン・ボーなど、アーティストたちによる個性豊かなモチーフも目を引く。


ウェンディ・ジム(WENDY JIM)1.wendyj2017oct12001.jpg2.wendyj2017oct12002.jpg3.wendyj2017oct12003.jpg4.wendyj2017oct12004.jpg5.wendyj2017oct12005.jpg

ウィーンを拠点に活動するウェンディ・ジムは、インスタレーションでメンズとウィメンズの新作を発表。会場は退廃的なストリートのイメージで、パンキッシュなヘアメークのモデルがリードで繋がれているなど、フェティッシュなムードを漂わせていた。


ミュウミュウ(MIU MIU)1.miumiu2017oct12001.jpg2.miumiu2017oct12002.jpg3.miumiu2017oct12003.jpg4.miumiu2017oct12004.jpg5.miumiu2017oct12005.jpg

フラットカラーのワンピース、ボカシ染めのレザージャケット、小花模様のコートなど、レトロな雰囲気に包まれたコレクション。シースルーやレースのフェミニンなレイヤードルック、テーブルクロスのようなマテリアルもあり、ミュウミュウらしい捻りが効いている。


ジュンコ シマダ(JUNKO SHIMADA)1.Junkos2017oct12001.jpg2.Junkos2017oct12002.jpg3.Junkos2017oct12003.jpg4.Junkos2017oct12004.jpg5Junkos2017oct12005.jpg

1本の木が設置されたランウェー。モデルは葉っぱ形のヘッドピースを被り、森の妖精のよう。ギンガムチェックが豊富に使われた今回は、ボタニカルなプリントやツリーのアップリケも印象的で、ベーシックとドレッシーが融合するシルエットを見せる。


トム ブラウン(THOM BROWNE)1tombrowne2017oct12001.jpg2.tombrowne2017oct12002.jpg3.tombrowne2017oct12003.jpg4.tombrowne2017oct12004.jpg5.tombrowne2017oct12005.jpg

パリコレクションでの初のウィメンズのショー。発表されたのは、トム ブラウンが解釈するオートクチュールのワードローブ。素材をチュールに絞り込み、マドラスチェック、千鳥格子、シアサッカーなどの模様もチュールで表現された。アメリカントラッドをデフォルメさせたビッグジャケットやロングドレスなど、アバンギャルドなクリエイションが冴える。


ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)1.lv2017oct12001.jpg2.lv2017oct12002.jpg3.lv2017oct12003.jpg4.lv2017oct12004.jpg5.lv2017oct12005.jpg

ルーヴル美術館で開催されたショー。かつての王宮に登場したのは、豪華な装飾を施した18世紀の貴族風ジャケットなど。コーディネートされるのはスポーティなショートパンツやジーンズで、足元にはスニーカーが。ロックなムードのプリントTシャツ、ロマンティックなフラワープリントのドレスもあり、現代的な折衷スタイルとなっている。


text : B.B.P. Paris

MAGAZINE

『装苑』2017年11月号、9月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top