【From パリ支局】2018 S/S PARIS COLLECTION パリコレクションのトピックス vol.3

―文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

【4日目のショー&プレゼンテーションより】

クロエ(CHLOÉ)ChloeSS2018 - 01_20171010.jpgChloeSS2018 - 25_20171010.jpgChloeSS2018 - 51_20171010.jpg

新クリエイティブ・ディレクターにナターシャ・ラムゼイ=レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)を迎えたクロエのショー。ペールトーンのヴィクトリアン風ワンピース、馬刺繍を施したビロードのスーツ、メタリックレースのロングドレスなど、軽やかで自由な女性像が描かれている。


アトライン(ATLEIN)AT_MON0186_20171001.jpgAT_MON0281_20171001.jpgAT_MON0870_20171001.jpg

若手実力派のアントナン・トロン(Antonin Tron)のジャージの特性をフルに活かしたドレッシーな服が魅力。


マニッシュ アローラ(MANISH ARORA)manish_20170928_124812.jpgmanish_20170928_124843.jpg

インド人デザイナーのマニッシュ・アローラ(Manish Arora)は、中東からイメージされたアラビックプリントやモザイクモチーフ、自国のインド刺繍など、様々な民族が融合するコレクションを発表。彼の親友でミューズでもあるノール・フェアーズ(Noor Fares)のジュエリーがアクセントに。


アン ドゥムルメステール(ANN DEMEULEMEESTER)Ann-Demeulemeester-RTW-SS18-Paris-2220_20171002.jpgAnn-Demeulemeester-RTW-SS18-Paris-2395_20171002.jpgAnn-Demeulemeester-RTW-SS18-Paris-2758_20171002.jpgann20171001.jpg

バミューダパンツとマキシ丈のベストのコーディネートが多数。帽子やシューズにもあしらわれた豊富なフェザー装飾が、ポエティックなムードを盛り上げていた。


イーチ×アザー(EACH×OTHER)eachother20171001_1.jpgSS18 - LOOK 23_eachother20171002.jpgSS18 - LOOK 30_eachother20171002.jpgSS18 - LOOK 34_eachother20171002.jpg

ファッションとアートの融合を探求し続けるイーチ×アザーのショーは、アーティストのグレタ・ベラマシーナ(写真上)の詩の朗読でスタート。コレクションはディラーラ・フィンディコグルーとのコラボレーションにより、ゴスやパンクのタッチがプラスされた。ラストのウエディングドレスは、グレタがイーチ×アザー・コミュニティのアーティストであるロバート・モンゴメリーとの結婚式で着用したもの。


リック・オウエンス(RICK OWENS)Rick_Owerns_SS18_look_04_20171002.jpgRick_Owerns_SS18_look_26_20171002.jpgRick_Owerns_SS18_look_37__20171002.jpg

アクセントカラーのグリーンとディテールに施された折り紙のような装飾が印象的。
Photo : VALERIO MEZZANOTTI / OWENSCORP


オフ-ホワイト(OFF-WHITE)OF_20171002_1.jpgOF_20171002_2.jpgOF_20171002_3.jpg

エレガントな雰囲気の中に力強さを感じさせるコレクション。


ラヴァリエール(LAVALLIÈRE)shimada_20170928_182720.jpgshimada_20170928_182720_2.jpg

ジョイス・キャラリーで開かれた島田今日子のブランド、ラヴァリエールのプレゼンテーション。テーマは「ジョッキー・スモーキング」で、乗馬からインスパイアされたカラフルなプリントのドレスなどが並んだ。


text : B.B.P. Paris

MAGAZINE

『装苑』2017年11月号、9月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top