【From パリ支局】2017 A/W PARIS COLLECTION パリコレクションのトピックス vol.4

--文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

ドリス ヴァン ノッテン DRIES VAN NOTEN
100回目のショーを祝って

「ドリス ヴァン ノッテン」は、メンズとウィメンズを合わせ、100回目のショーを開催。アントワープを代表するデザイナーのドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)は、色鮮やかなプリントや繊細なクラフトワークによる独自のスタイルで、多くのファンを惹きつけてやまない。アニバーサリーの今回は、過去のランウェーを歩いたモデルたちが登場するなど、ひと際エモーショナルなショーを展開した。プリントに使われたのはアーカイブのモチーフをジオメトリックな柄へとリワークしたもの。ゆったりしたボリュームのコートやジャケット、ハンドステッチのキルティングなど、シルエット、凝ったマテリアルの細部に至るまで、ブランドのDNAを伝えるものだった。

100回記念に際し、現在ブランドのホームページでは、これまでのショー映像を毎日ひとつずつ公開するプロジェクト「サイレント・アーカイブ(SILENT ARCHIVE)」が実施されている。
www.driesvannoten.be/silentarchive

また先日には、ドリス・ヴァン・ノッテンの一年間を追ったドキュメンタリーフィルム「ドリス(Dries)」が、コペンハーゲンのフィルム・フェスティバルで初上映され、話題を集めた。



















text : B.B.P. Paris

MAGAZINE

『装苑』2017年6月号、4月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top