ファセッタズムが衣裳デザイン・制作を担当。バレエと日本舞踊がコラボレートする舞台「出会いー信長ー」

すでに多くの伝説を残す、世界屈指のロシア人バレエダンサー、ファルフ・ルジマトフが、オリジナル作品、「出会いー信長ー」で、日本人バレエダンサーであり、ロシア・ブリヤート国立歌劇場のバレエ芸術監督の岩田守弘と、日本舞踊家の藤間蘭黄とともに、舞踊様式の垣根を超えた実験的な表現に挑むことになった。作・演出は藤間蘭黄。
 ルジマトフが演じるのは、カリスマ性と異端児的なイメージが重なる織田信長。岩田守弘による豊臣秀吉、藤間蘭黄が演じ分ける明智光秀と斎藤道三の視点から信長の生涯を描く。
 この舞台で注目したいのは、ルジマトフと岩田守弘のバレエの衣装を、落合宏理がデザイナーを務めるファセッタズム(FACETASM)が手がけること。ストリートとモードのミックス・スタイルで、国内外から注目を集めるファセッタズムがどんな衣裳を披露してくれるか、バレエ界のスターとの化学反応にも期待が高まる。
 本公演では、ルジマトフと岩田守弘のソロでのバレエ作品、藤間蘭黄の古典作品も上演される。
身体表現の至高の美しさに出会える、必見の舞台だ。

hf220151005.jpg

写真=秦 淳司 (『HIGH FASHION』2007年4月号より)

hf20151005.jpg

雑誌『HIGH FASHION』に掲載された、ファルフ・ルジマトフの特集ページより。コム デ ギャルソン・オム プリュス(右)とジル・サンダー(左)を着こなす、息をのむように美しいルジマトフのポートレート。



『HIGH FASHION』(文化出版局)2007年4月号
photographs : Junji Hata
styling : Masumi Sakamoto
make up : Hiroaki Yanagisawa
hair : Kanada

ファルフ・ルジマトフ、藤間蘭黄、岩田守弘出演「出会いー信長ー」
10月11日、12日 「国立劇場 小劇場」東京都千代田区隼町4-1
11日(日):18時開演
12日(月・祝):14時、19時開演の2回公演(各回とも30分前開場)
チケット料金:S席¥12,000、A席¥8,000(税込)

問合せ:「ロシアン・アーツ」TEL 03-5919-1051(平日10時〜17時)
イープラス
公式Facebookページ

chirashi20151006.jpg

MAGAZINE

『装苑』2020年9月号、7月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top