世界中から愛されるドクターマーチンの60年続く反体制の歴史とは

martens200825a.jpg

今となっては世界中の人々から愛され、パンクの代名詞とも言えるドクターマーチンのアイコン「1460」8 ホールブーツが誕生したのは、今から60年前の1960年4月1日。最初の数年間は2ポンドで買うことのできるワーキングブーツとして、イギリス労働者階級の郵便配達員や工場労働者に多く履かれていた。
しかし60年代後半から徐々に、頭を剃った英国の若いギャング達が、労働者階級の象徴であったブーツをユニフォームのように着用しだした。世界的ロックバンドThe Whoのピート・タウンゼントがドクターマーチンを着用し始めたのもこの頃。こうしてドクターマーチンは単なるワークシューズからサブカルチャーや音楽の場へもステージを広げていく。イエローステッチ、グルービングソール(ソールの周りに入った独特のエッジ)、ブーツの特徴を謳ったヒー ルタブなど、一目でそれとわかるように施されたディティールは、やがて労働者階級のプライドと自己表現の象徴となった。

martens200825e.jpg
martens200825f.jpg

このドクターマーチンの「1460」8 ホールブーツは、快適な履き心地、耐久性、履き込むほどに増す味わいで60年の時を経ても変わることなく、同じプロセスをもって同様の素材が使用され、一部のコレクションはブランド創業から残るイギリス・イングランドにあるノーサンプトンの工場で、伝統的な靴作りとその独自のプロセスで教育された人々の小さなチームによって、今もなお全て手作業で作られ続けている。

martens200825g.jpg
martens200825h.jpg

現在では、ドクターマーチンは国籍や年齢にとらわれず、無限に広がるサブカルチャーと個人の進化によって形勢されており、シンプルなワークブーツとしては反逆精神の象徴として変化を遂げた。ドクターマーチンのブーツを履く彼らはある一定の体制に従うことなく変化のために戦い、彼らひとりひとりがこの精神を未来へとつなぐ新たな60年を刻んでいく請負人となっていく。

martens200825b.jpg
martens200825c.jpg
martens200825d.jpg


問合せ:ドクターマーチン・エアウエア ジャパン
TEL:03-6746-4860
WEB:https://jp.drmartens.com/category/SIX_DECADES_OF_DM

MAGAZINE

『装苑』2020年9月号、7月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top