膨大な時間と手間をかけ職人の技が作り上げたバーバリーのクチュールケープが勢ぞろい、「ケープ クチュール」展を見逃さないで!

"バーバリー"の代名詞といえば、誰もがまず思い浮かべるトレンチコート。それと同じくらい歴史と伝統あるアイテムとして、ケープはブランドにとって重要な意味を持つ。1880年より狩猟文化のあった英国で防寒着として登場し、その後、装飾品として進化。コレクションでもたびたびケープは登場してきた。今シーズン、クリストファー・ベイリーとブランドの職人の手により、クチュールケープが誕生。彫刻家ヘンリー・ムーアの作品からインスパイアし、膨大な時間と技を集結したクチュールケープが世界各地を回り、いよいよ東京にやってくる。「ケープ リイマジンド」と銘打った展覧会で、その名のとおり、想像を超えた芸術品としてのケープの究極の形を、目の当たりにできるだろう。

burberry170719.jpg

「THE CAPE REIMAGINED」
期間:2017年7月20日(木)〜30日(日)
場所:CASE B
   東京都渋谷区神宮前6-16-26
時間:11:00〜19:00
TEL:0066-33-812819

『装苑』2017年8月号掲載

MAGAZINE

『装苑』2018年1月号、11月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top