文化学園が、ベルギーのラ・カンブル国立高等視覚芸術学校、アントワープ王立美術アカデミーと提携を発表

ファッション業界を支え、活躍する人材を多数輩出している、日本の文化学園と、ベルギーのラ・カンブル国立高等視覚芸術学校、アントワープ王立美術アカデミー。この3校の代表が集まり、10月11日、ホテルニューオータニにて、交流・提携に関する覚書の署名式が行なわれた。今後、公式に親密なクリエイティブ面での交流がスタートする。
今年は、日本とベルギーの友好150周年でもある。今回の署名式は、文化交流の一環としてベルギー国王・王妃の訪日をきっかけに実現し、ベルギー王妃が臨席された。
ベルギー・ファッションは、日本でも人気の高い「アントワープ6」(アン・ドゥムルメステール、ドリス・ヴァン・ノッテン、ダーク・ヴァン・セーヌ、マリナ・イー、ダーク・ビッケンバーグ、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク)をはじめ、数々のハイブランドやデザイナーズブランドのデザインを手がけるなど、ファッション界を牽引してきた。アントワープ王立美術アカデミーの修了コレクションで審査員を務め、ベルギー・ファッションに精通するユナイテッドアローズ上級顧問の栗野宏文さん、文化学園大学の高木陽子教授による日本とベルギー・ファッションの交流に関するレクチャーと、ベルギーを拠点とする若手デザイナー3人による現在のベルギー・ファッションに関するディスカッションが行なわれた。
また会場には、ラ・カンブル国立高等視覚芸術学校とアントワープ王立美術アカデミーの修了生が今年3月のブリュッセルのテロを受け、「Stop Terrorizing Our World」の共通テーマのもとに制作した作品10体が展示された。

bunka161014.jpg

署名式にて、写真右がベルギー王妃


bunka3161014.jpg

左から文化学園大学の大沼淳理事長、ラ・カンブル国立高等視覚芸術学校のカロリン・ミロップ学長、アントワープ王立美術アカデミーを代表してモーリン・デ・クラーク講師。


bunka2161014.jpg

文化学園大学の高木陽子教授がレクチャーを行なった。


bunka4161014.jpg

「Stop Terrorizing Our World」の作品展


MAGAZINE

『装苑』2017年6月号、4月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top