世界の民俗人形博物館開館20年記念特別展「小池千枝の軌跡〜100年の情熱〜」開催

戦後、文化服装学院で教育者として指導にあたり日本のファッション界に大きな影響を与えた小池千枝先生。彼女は、1954年に単身フランスへ渡り、"パリ・オートクチュール組合学校"にて、イヴ・サンローランと机を並べて立体裁断を学び、ヨーロッパの洋裁技術を日本に取り入れた。本展は、民俗人形の持つファッション性と収集の意味に焦点を当てながら、彼女の歩んだ道を紹介。そのほか、小池先生から学んだ、日本を代表するファッションデザイナー高田賢三さん、コシノジュンコさん、山本耀司さん、津森千里さん、丸山敬太さんなどの作品も展示する。会期中には、ワークショップをはじめとするイベントも開催されるので、こちらもぜひチェックしたい。スケジュールなどの詳細は、下記に記載の博物館のホームページにて要確認。
この展覧会のチケットを5組10名のかたにプレゼント!記事下のリンクからご応募ください。応募締切は、10月6日(木)まで。当選者の発表は、招待状の発送をもって代えさせていただきます。

koike160905.jpg

☞ 応募はこちら


「世界の民俗人形博物館開館20年記念特別展 小池千枝の軌跡~100年の情熱」
期間:2016年9月3日(土)~11月29日(火)
場所:世界の民俗人形博物館
   長野県須坂市大字野辺1367-1
時間:9:00~17:00 水曜休
観覧料:¥500(中学生以下無料)
TEL:026-245-2340
WEB:www.culture-suzaka.or.jp/doll/

MAGAZINE

『装苑』2018年1月号、11月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top