「BED j.w. FORD」&「CHRISTIAN DADA」2019S/S TOKYO COLLECTION 同世代デザイナー、山岸慎平と森川マサノリの競演"RE:ACTION"

IMG_4628.jpg

IMG_4709.jpg

Amazon Fashion Week TOKYO期間中に開催される「AT TOKYO」と題したスペシャルプログラム。今回で第4回を迎えた「AT TOKYO」の一環として、合同ショーを行ったのは、東京の"今"を象徴するブランドとして称されている山岸慎平による「BED j.w. FORD」と森川マサノリによる「CHIRISTIAN DADA」。テーマは「RE:ACTION」。同世代デザイナーの二人によるクリエーションが一つの舞台で出会ったら、どんな「RE:ACTION」になるのか? 大きな注目を集めた。会場となったのは、渋谷・道玄坂にある立体駐車場。4階からはこのAT TOKYOのためだけに、新たに"シャツ"だけを使って、解体し再構築したというCHIRISTIAN DADAのレディスが、5階からはイタリアで6月に開催されたピッティ・イマージネ・ウオモ94で発表した2019年春夏コレクションをAT TOKYO用にリ・スタイリングしたいうBED j.w. FORDのメンズが歩みを進めて、徐々にレディスとメンズが共存する一つのショーになって行く仕掛けだったというが、会場では一見すると、まるで一つのブランドのショーを見ているかのように違和感もなく、レディスとメンズが馴染んで見えた。

IMG_4726.jpg

IMG_4752.jpg

IMG_4852.jpg

IMG_4939.jpg

IMG_4966.jpg

IMG_4979.jpg

「BED j.w. FORD」ツイードなどを使ったブリティッシュトラッドのクラシカルなムードに、スポーティーな素材とテーストもミックス。さらにレース、刺繍、フリンジなど手仕事を感じる装飾が目を引いたが、特にコサージュは新たに作って加えたもの。 「CHIRISTIAN DADA」の森川は、このショーのためだけに作ったシャツのコレクションについて、「"シャツ"という一つのアイテムを、どこまで崩せるのか、壊せるのかに挑戦した」と語っているが、"シャツ"から生まれたジャケットやドレスなど、美しいシルエットと見事なまでの完成度で、素晴らしい"RE:BORN"には感動を覚えた。

IMG_5041.jpg

IMG_5143.jpg

IMG_5331.jpg

IMG_5344.jpg

IMG_5406.jpg

IMG_5435.jpg

IMG_5477.jpg

IMG_5508.jpg

ショーの後に並んで取材に答える二人だが、実はリハーサルの直前までお互いの服は見ていなかったという。言葉での説明とも違う、同世代ならではの、同じ時代に生まれ育ったからこそのシンパシーなのかもれない。
山岸が、「CHIRISTIAN DADAに対して、ずっと嫉妬してきました。同世代のなかでも、誰よりも早く行動していく。その後ろ姿を追いかけてきたので、今回一緒にできたことが誇らしい」と語ると、森川は「僕らの世代でおもしろいことをしたいな、と思った途端に一つ実現できてうれしいです。BED j.w. FORDは、これからも切磋琢磨して行ける戦友です」と語った。
今後の東京のファッションを牽引していくだろう二つのブランドの競演に会場は大いに沸いていたが、彼らのこれからの活躍とクリエーションがますます楽しみになる合同ショーだった。

IMG_5674.jpg

IMG_5719.jpg

ブランド:BED j.w. FORD / ベッドフォード
デザイナー:Shinpei Yamagishi / 山岸慎平
www.bedjudewillford.com

ブランド:CHIRISTIAN DADA / クリスチャンダダ
デザイナー:Masanori Morikawa /森川マサノリ
www.christiandada.jp/

MAGAZINE

『装苑』2019年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top