「ACOUD by CHANU」 2019A/W TOKYO COLLECTIONS 「ニセモノを倒す」強いメッセージを服で放つ

acoud190327.jpg


ACUOD by CHANU(アクオド バイ チャヌ)は、デザイナーのチャヌ(李燦雨)によるユニセックスのモード系ストリートブランド。Amazon Fashion Week TOKYO 2017S/Sでデビューした新鋭だ。今シーズンのショーは、迫力満点のクランプダンスからスタート。デザイナー曰く、「ニセモノを倒すという強いイメージで作った」コレクションであり、その強靭な意志が激しいダンスの演出にも反映されたのだろう。テーマは、「KNOCK OUT YOUR FAKES」。世の中にあふれる「コピー」と、「真の創造」との違いをブランドの原点であるヒップホップの手法=サンプリングやDISを用いて示したという。


acoud2190327.jpg

acoud6190327.jpg

acoud8190327.jpg

acoud9190327.jpg


たとえば、一連の上の写真のカモフラージュ柄は名画のモナ・リザを「サンプリング」することで作られている。テキスタイルのグラフィックは、ヒロ杉山率いるエンライトメント(Enlightenment)とのコラボレーションで生まれた。本来、戦場で身を隠す目的で着られるカモフラージュ柄が、デザイン性を加えることで現代の都市ではファッションアイテムとなり、自己主張の手段となる。こうした「価値の転換」はフェイクではなく「真の創造」である、というブランドからのメッセージだ。


acoud3190327.jpg

acoud4190327.jpg

acoud5190327.jpg

acoud7190327.jpg

acoud10190327.jpg

acoud12190327.jpg

acoud15190327.jpg

acoud11190327.jpg

acoud16190327.jpg

acoud17190327.jpg

acoud18190327.jpg

acoud19190327.jpg


オーバーサイズのアウターやフーディ、パンツなどにあしらわれ装飾的な役割を果たすジップは、その磨きのかかった風合いや色がデザイナーのお気に入りだという、YKKの「エクセラ」。額縁のように皮革やハトメ、ジップで縁どられたポケットは、ストリートウェアならではのアイコニックな「映え」要素をサンプリングしたのだろう。過剰に装飾されているところが、皮肉的でユニークだ。「世の中に迎合するのではなく、作りたい物を追求したい」というデザイナーの心はハードなコレクションにしっかりと息づき、そしてそれは、現代の東京に生きる若者の不満や鬱屈、反骨精神のリアルをも表出する。(編集部M)

ブランド: ACUOD by CHANU / アクオド バイ チャヌ
デザイナー: CHANU / 李燦雨

ACUOD by CHANU
acuod.com


MAGAZINE

『装苑』2020年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top