FASHION

スタイリストの大森伃佑子さんが夢見た、1920年代から着想した黒と白の着物が並ぶ。ドゥーブルメゾンの展示販売会「Noir et Blanc」

FASHION FEATURE

スタイリストの大森伃佑子さんが夢見た、1920年代から着想した黒と白の着物が並ぶ。ドゥーブルメゾンの展示販売会「Noir et Blanc」

いつもファンタジックで色とりどりの着物が並ぶ「DOUBLE MAISON(ドゥーブルメゾン)」の展示販売会が、今回はがらりと変わってモノトーンの世界。「Noir et Blanc(黒と白)」をテーマに、ディレクタ―を務めるスタイリストの大森伃佑子さんが夢見た1920年代のパリのムードを着物に落とし込んだ。

update

お気に入りに追加する
58/73 1 56 57 58 59 60 73

MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top