装苑5月号連動:「装飾女子のためのシューズ&バッグ」装苑モデルSUMIREの撮影の裏側に密着!!

main.jpg

photographs:Shinichi Sasaki(SIGNO, model), Josui(B.P.B., report), hair&makeup:Tomomi Fukuchi(AVGVST), styling:Rika Endo,
design:Masanari Nakayama, model:SUMIRE(SO-EN model)

cover.jpg

都内では桜が咲いて、新しい季節の訪れをひしひしと感じる今日この頃。この春、新たな気持ちでおしゃれを楽しみたいのなら、まずは靴とバッグのリニューアルを!3月28日発売の『装苑』5月号では、「この春は、カジュアルモードな靴とバッグしか欲しくない!」と題して、"今"の空気を自分らしく表現できる、ちょっとモードな靴とバッグを総特集。憧れブランドのカジュアルモードな靴とバッグのファッションシューティングや、キーワード別にまとめた欲しいもの図鑑、ものづくりの裏側を徹底的に取材したクリエイションストーリーなど、様々な切り口でご紹介している。
中でも、みんなが持っているアイテムは嫌!と宣言するあなたに提案したいのが、主役級の靴とバッグを厳選した「装飾女子のためのシューズ&バッグ」(p62-65)。フード、フラワー、アニマル、タイポグラフィの4つのテーマでチョイスしたアイテムは、どれもチャーミングで個性的!それに負けずと、このページのデザインもとってもユニーク。今回はこのページができるまでのインサイドストーリーとして、装苑モデルのSUMIREが参加した撮影現場に密着。裏側を知るとまた違った目線でページを楽しめるかも!?

ti_01.jpg

01.jpg 02.jpg 03.jpg 04.jpg 05.jpg 06.jpg

1,2)1カット目の撮影準備がスタート。スタイリストの遠藤リカさん(写真左)と、ヘアメイクの福地智美さん(写真右)の話し合いの結果、スカーフを髪の毛に編み込むことに。SUMIREちゃんも興味津々。自分で編むのは難しそうだけれど、ぐっと華やかになってかわいい!3)フォトグラファーの佐々木慎一さんがポーズをレクチャー。どうやら、いきなり寝転ぶようです。4)SUMIREちゃんが横になったまま、スタッフ一同セッティングを開始。アイテムのプリントが見えるかな?髪型が整っているかな?と、こまかい部分までチェックし、調整しながら撮影します。5)ちょっと大変なポーズもぐっとこらえて頑張るSUMIREちゃん。この写真だけ見るとシュールかも!? 6)このページのデザインを担当したのは、APRIL FOOLの中山正成さん。その場でささっと写真を切り抜いて、ラフに入れこんでくださいました。そんな早業に一同感動。

ti_02.jpg

07.jpg 08.jpg 09.jpg 10.jpg 11.jpg 12.jpg 13.jpg 14.jpg

7)本日ラストの撮影準備へ。細い三つ編みでニュアンスをプラスしたダウンスタイル。SUMIREちゃんのアンニュイな雰囲気にもお似合いです。8,9)服に合わせて、ネイルも毎回チェンジ。微妙な色の違いで雰囲気が変わってしまうので、ヘアメイクさんはマニキュアにしても、アイシャドーにしてもたくさんのカラーバリエーションを持ち歩いていますよ。10)撮影前の最終チェック。みなさん、真剣な表情です。11,12)遠藤さんから渡された、ケイト・スペードのリアルなカエルとかたつむりモチーフのバッグを見て、SUMIREちゃんも思わず笑顔に。どう持ったらかわいいかな? 13)ポーズも決まり、撮影もラストスパート!14)SUMIREちゃんもアイテムもかわいいものばかりで、それを中山さんがどう料理してくださるのか、完成が楽しみ。

1ページのみ特別に公開。まるでアートブックのようなかわいい仕上がり。ポテトチップスがこぼれて散らかっていたり、遊び心もたっぷり。全貌は、『装苑』5月号p62-65をご覧ください!

撮影で使用したアイテムの中から気になったアイテムを聞いてみました。

SUMIREちゃん
この春欲しいのは本物志向のスニーカー。あまり派手な色のものは持っていなかったけど、このアディダス オリジナルスのスニーカーは、メッセージテープをコラージュしたようなデザインがかわいくて欲しい!
おもしろいデザインのアイテムも結構好きです。マタタビのスナック菓子袋のペーパークラッチバッグは、本当にお菓子の袋みたい!

遠藤リカさん
数あるかわいいアイテムの中でも、一目惚れしたのが、ケイト・スペードのカエルモチーフの籐のバッグ。「使えるバッグ」として本当に丁寧に作られていて、容量もたっぷり入るのがうれしいポイント。背中から物を出し入れできるのですが、裏地にハスの葉柄のテキスタイルを使っていたり、抜かりない遊び心に感服です。
フラミンゴ型のバッグで有名なブランドといえば...知る人ぞ知る、ドイス。一見チープになりそうなド派手なピンク色ですが、本物の羽を使うなど、大人の女性が持てるように素材や質感にもこだわっているんです。


MAGAZINE

『装苑』2019年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top