装苑6月号連動:文化服装学院の学生が"たった一つのオリジナル刺繍"にチャレンジ! vol.3

photographs:Jun Tsuchiya (B.P.B.)

『装苑』6月号「刺繍とレース。」特集のp58-61「イラストレーターと作る たった一つのオリジナル刺繍」では、坂本ヒメミさん、オオクボリュウさん、moko.さんの3名の人気イラストレーターに、オリジナルの刺繍図案を提案してもらった。「実際に刺繍してみたらどんなものができるの?」という声をもとに、文化服装学院の学生たちがこの図案を使って刺繍に挑戦。色使いはもちろん、素材の組合せや刺繍技法など、表現方法が多種多様で、作品が上がってくるたびに、編集部はその発想力に驚くばかり。ここでは、3回に分けて作品を紹介します。

刺繍図案

坂本ヒメミさんは「12星座に守られたプリンセス」をテーマに、各星座をつかさどる植物と、星座のモチーフに守護された異国のプリンセスを、オリエンタリズムが美しい図案で表現。オオクボリュウさんは、斜め上を眺めたり、舌を出したり、のびのびとした表情のキャラクターを数字で描いた「マイペースな数字」。そして、ゆるいタッチで描かれたガーリーなモチーフと、パステルカラーがキュートなmoko.さんによる「I'm a Girl.」。

刺繍作品

学生たちの手によってできあがった作品は...!?
ラストとなる第3弾は、もっと自由に、どんなアイテムを刺繍に落とし込むかまでトータルでデザインを考えた9作品をラインナップ。学生たちのこだわりは、今後、刺繍するときにぜひ参考にしてみて。

坂本芽生

服装科

ダスティなパステルカラーで色合いを統一し、隙間が全く見えないくらい細かくサテンステッチを施した巾着のポーチは、坂本さんの丁寧な手仕事が伺える作品。「魚座のプリンセスを選んだので、水っぽいイメージで、さわやかな感じのパステル調の刺繍糸を使いました。ラメ糸は繊細なので、すぐほつれたり絡まったりして刺繍するのが大変でした。ただし、一番苦労したのは、図案を布に書き写すことだったかもしれません。苦手だったサテンステッチを克服することができたので、もっとたくさん刺繍してみたいと思いました!」

西村和香奈

オートクチュール専攻

これはすてきな発想!乙女の必需品であるコンパクトミラーに、チャーミングな刺繍を施した西村さん。「プリンセスや花が細かくデザインされていて、配色も自由に楽しめそうだったのでこの図案を選びました。もともと細かい図案でしたが、それをさらに縮小して糸を刺したので、作業がとても大変でした。ところどころにラメ糸を使ったり、スパングルやビーズをポイントにしたり、女の子が好きな華やかな作品に仕上がったと思います」

岩村嵯穂

服装科

岩村さんは、デニム生地をベースに、プリンセスの刺繍や、レース素材、リボンなどを用いて、さわやかでありながらロマンティックなランチバッグを制作した。「私自身が水瓶座ということと、細かめの刺繍に挑戦してみたいと思いました。イラストをなるべく忠実に再現しようと思い、バックステッチで描いています。ポイントは、プリンセスのヘアカラーをレインボーカラーの糸で表現したところ。作品の完成までに時間はかかりましたが、どんな風に刺繍しようか、どんな糸を使おうか考えている時間が楽しくて仕方なかったです!」

寺山佳織

服装科

絵柄がかわいく、自分の星座を刺繍することで自分にとって特別な一点に仕上がると思い、射手座の図案でブックカバーを作ったという寺山さん。「たくさんの色を使ってカラフルに刺繍したかったので、ベースとなる生地はシンプルなシーチングにしました。ただし、全面がシーチングになると裏表紙の部分が味気なくなってしまうので、ドット柄のテキスタイルを組み合わせました。様々なアイテムに刺繍を試してみたい!と思う気持ちが沸きました」

芹沢万智

服装科

オオクボリュウさんが描いた1〜0までのすべての数字を使い、芹沢さんはバランスを考えながらオリジナリティあふれる刺繍に挑戦した。「数学者も終わりを知らない『円周率』がテーマ。オオクボさんの『マイペースな数字』を使って表現したら、どんなユニークなものができるだろう?と考えてわくわくしました。マーカーで描かれた数字の質感を再現したかったので線の太さを変えた部分、ゆるい雰囲気をぷっくりと盛り上がったロールステッチで表現した部分、そしてミラーワークを用いた部分がポイント。数字の「目」は少しずれるだけでも表情が変わるので、仕上げるのが大変でした。過去に授業で制作した無地のシャツブラウスが、刺繍することで新たに生まれ変わり、とてもかわいくなったのがうれしいです!」

矢野輝

服装科

フェルトやオーガンジー、チュールなど、様々なマテリアルを使って、矢野さんはアクセサリーを制作した。「のんびりとした表情が好きで、この数字の刺繍を使って作品を作れたらと考えました。ポップで楽しげな雰囲気は残しつつ、ガーリーなデザインにしたかったので、パステルカラーのような淡い色合いと、シースルー素材を多めに使いました。毛糸のコード刺繍を施したあたたかみのある感じと、ビーズのキラキラ感をミックスしたところもこだわり。今度は、この数字を使って時計やクラッチバッグを作ってみたいです」

福島由布子

ファッション工科基礎科

編集部もその独創的なアイディアにびっくり!? ハンドメイド感のある素朴なトランクスをデザインしたのは、文化服装学院に今年入学した福島さん。「オオクボリュウさんの個展に行ってから、大ファンになりました!そこで今回は、オオクボさんの描いた数字の刺繍に挑戦しました。元のイラストはカラフルな色合いでしたが、オオクボさんのイラストから伝わってくる穏やかな雰囲気を伝えたくて、全体的にナチュラルな色合いに。素材は、麻の生地をベースに、ロープとリボン、刺繍糸を使っています」

寺尾采佳

オートクチュール専攻

寺尾さんの作ったがま口ポーチは、まるでシャツブラウスにキュートなモチーフのネックレスをつけているような佇まい。「moko.さんの刺繍図案は、自分の持ち物の目印やアクセントとして入れるのに使いやすいと思って選びました。とてもかわいらしいイラストなので、ベースカラーを黒にしたり、ラメ糸やビーズをスパイスとして取り入れてみたり、大人の女性も持ちたくなるようなムードにしました。チェーンステッチなど、あえてシンプルでベーシックな刺繍技法で仕上げました」

樋口芽衣

オートクチュール専攻

小さなサイズだけれど、その中に思いっきりロマンティックな世界を詰め込んだ、樋口さん。「かわいくてゆるいイラストに心がときめきました!刺繍糸3本取りのバックステッチでシンプルに刺繍しています。ユニコーンは、星や空のイメージがあるので、グレーの刺繍糸に1本だけ水色を混ぜて、サイドに雲や流れ星をイメージしたモチーフをあしらっています。時間が経つのを忘れてしまうくらい楽しかったので、次はもっと大きな作品にもチャレンジしてみたいと思います」

同じ図案でも全く異なるものができるから、みなさんもぜひ"たった一つのオリジナル刺繍"を作ってみてくださいね!アイテムを制作したら、TwitterかInstagramに写真とハッシュタグ(#装苑1点モノ)をつけてぜひ投稿してください。すてきな作品は装苑ONLINEでご紹介します!

装苑2016年6月号「刺繍とレース。」

『装苑』2016年6月号「刺繍とレース。」は、人気急上昇中のモデルで女優、小松菜奈さんが表紙に登場!
巻頭特集企画の8ページも含め、撮影するのは昨年、第40回木村伊兵衛写真賞を受賞した気鋭の写真家、川島小鳥さん。少女と女性の狭間の、まばゆい一瞬をとらえたビジュアルストーリーにご期待ください。
また、1月号からスタートし、『装苑』が注目する俳優やアーティストをフィーチャーする人気連載"装苑男子"では、その圧倒的な存在感で日本のロックシーンをリードする[Alexandros]を迎えて、拡大版でお届け。
*目次や定期購読など詳細はこちらから

MAGAZINE

『装苑』2017年8月号、6月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top