装苑6月号連動:文化服装学院の学生が"たった一つのオリジナル刺繍"にチャレンジ! vol.1

photographs:Jun Tsuchiya (B.P.B.)

『装苑』6月号「刺繍とレース。」特集のp58-61「イラストレーターと作る たった一つのオリジナル刺繍」では、坂本ヒメミさん、オオクボリュウさん、moko.さんの3名の人気イラストレーターに、オリジナルの刺繍図案を提案してもらった。「実際に刺繍してみたらどんなものができるの?」という声をもとに、文化服装学院の学生たちがこの図案を使って刺繍に挑戦。色使いはもちろん、素材の組合せや刺繍技法など、表現方法が多種多様で、作品が上がってくるたびに、編集部はその発想力に驚くばかり。ここでは、3回に分けて作品を紹介します。

刺繍図案

坂本ヒメミさん(中央)は「12星座に守られたプリンセス」をテーマに、各星座をつかさどる植物と、星座のモチーフに守護された異国のプリンセスを、オリエンタリズムが美しい図案で表現。オオクボリュウさん(左)は、斜め上を眺めたり、舌を出したり、のびのびとした表情のキャラクターを数字で描いた「マイペースな数字」。そして、ゆるいタッチで描かれたガーリーなモチーフと、パステルカラーがキュートなmoko.さん(右)による「I'm a Girl.」。

刺繍作品

学生たちの手によってできあがった作品は...!?
まずは、配色や素材使い、技法など、手の込んだ刺繍をじっくりと観賞したい8作品から。学生たちのこだわりは、今後、刺繍するときにぜひ参考にしてみて。

山田智恵

オートクチュール専攻

立体的な山羊座の刺繍をフォトフレームにおさめた山田さん。「誕生日が近い仲良し3人組で『山羊座会』という集まりをしていて愛着があり、お揃いのアイテムに仕立てたら素敵だなと思って、山羊座の刺繍図案を選びました。ワイヤーで縁取りをして立体的に仕上げる「スタンプワーク」で角と衿を表現。『星座』を意識して、ゴールドの糸やビーズなど、キラキラと輝く素材をアクセントとして取り入れました。図案とにらめっこして、何色にするか、どんなステッチにするかを考えるのが苦労しましたが、一番楽しい時間でした。山羊座会の友人へのプレゼントとして、色を変えてバッグを作ってみたいです」

佐藤春花

オートクチュール専攻

同じ山羊座の図案でも、色使いや技法が変わるだけでno.1の刺繍作品とは全く異なる雰囲気に。佐藤さんは、「自分の星座である山羊座の図案に親近感が沸いたので選びました。糸はDMC25、生地はポリエステルサテンを使用。なるべく図案と同じ見え方になるように、忠実に刺繍することを心がけています。プリンセスを囲む植物のモチーフが左右対称なので、同じように刺繍するのが大変でした」

田村雅

服装科

田村さんは、エッジの効いた配色で蠍座の刺繍にチャレンジ。「イラストの雰囲気がとてもかわいく、母の日が近かったので母の星座の蠍座を選びました。線の細いイラストなので、細かい部分は糸を1本や2本にして刺繍しています。ゴールドの糸を2種類使い分けて表現しているところがポイントです」

野澤美雪

オートクチュール専攻

色使いをブルーとシルバー、ホワイトに統一し、清涼感のある刺繍作品を作り上げた野澤さん。「DMC25のブルーグラデーションの糸を使って、のっぺりしないようにパーツごと変化をつけながら刺繍しました。アウトラインステッチで全体を描き、サテンステッチで洋服を色付けしています。植物モチーフは、ビーズとスパングルで表現し、きらめきをプラスしました」

藤本花梨

服装科

赤と黒をメインに、多くの色を使いながら巧みにまとめた藤本さん。「以前から坂本ヒメミさんのイラストが好きで、繊細な刺繍に挑戦してみたいと思い、こちらの図案を選びました。蠍座の図案に使われていた赤と黒のコントラストが美しく、その2色が映えるように意識しています。主にビーズ刺繍を用い、チェーンステッチとバックステッチで差しました。プリンセスの表情は、顔のパーツの位置で1mmの差でも印象が大きく変わるので、納得のいく配置にすることに苦労しました。次は、洋服など、刺繍作品を身につけて楽しめるものを制作してみたいです」

近藤春花

オートクチュール専攻

近藤さんは、ラメ糸とビーズを使って、キュートな壁掛けに仕上げた。「ロマンティックなムードがかわいらしく、自分の星座である魚座の図案を選びました。きらきらと輝く海をイメージして、ブルー系の色を選びました。ラメ糸は切れやすく扱うのが大変でした。ラメニットやロープ、レース、ビーズなど、多様な素材を使っています。次回は、12星座すべてを使ってタペストリー作りに挑戦したいです」

民谷沙耶

ファッション工科基礎科

民谷さんは、moko.さんの描いた2つのモチーフにチャレンジ。「moko.さんのイラストとその色合いに一目惚れ。刺繍は時間がかかる分、でき上がるにつれて、わくわく感が増していきました!『I'M GANG GIRL♥』の部分は、フレンチナッツという技法を使用。苦労しましたが、ボリューム感と独特の表情が出たと思います」

前山葵

オートクチュール専攻

オオクボリュウさんのマイペースな数字のキャラクターを、ポップなカラーリングで制作した前川さん。「色使いがカラフルでかわいかったので、その色を生かして刺繍しました。フェルトをベースに、バックステッチとサテンステッチで表現。刺すのがとても楽しかったので、ほかの数字でも作ってみたいです」

同じ図案でも全く異なるものができるから、みなさんもぜひ"たった一つのオリジナル刺繍"を作ってみてくださいね!アイテムを制作したら、TwitterかInstagramに写真とハッシュタグ(#装苑1点モノ)をつけてぜひ投稿してください。すてきな作品は装苑ONLINEでご紹介します!

装苑2016年6月号「刺繍とレース。」

『装苑』2016年6月号「刺繍とレース。」は、人気急上昇中のモデルで女優、小松菜奈さんが表紙に登場!
巻頭特集企画の8ページも含め、撮影するのは昨年、第40回木村伊兵衛写真賞を受賞した気鋭の写真家、川島小鳥さん。少女と女性の狭間の、まばゆい一瞬をとらえたビジュアルストーリーにご期待ください。
また、1月号からスタートし、『装苑』が注目する俳優やアーティストをフィーチャーする人気連載"装苑男子"では、その圧倒的な存在感で日本のロックシーンをリードする[Alexandros]を迎えて、拡大版でお届け。
*目次や定期購読など詳細はこちらから。

MAGAZINE

『装苑』2017年7月号、5月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top