装苑1月号連動:ゲストは二階堂ふみさん!吉田ユニさんによる新連載と、ニューカマー特集の撮影裏話

main

art direction:Yuni Yoshida / photographs:Hiroshi Manaka(model), Jun Tsuchiya(B.P.B., inside)/ hair:Masayoshi Okudaira (CUBE) / makeup:Yusuke Saeki (W) / styling:Eri Takayama / costume:Yasuo Tsuboshima / model:Fumi Nikaido

女優・二階堂ふみさんの驚くほどたっぷりなウェーブヘア、エナメル製の艶やかな扇形の衣装、ななめに流れるチェーンネックレス......ユニークなインパクトがあって思わず目が釘付けになってしまう!? 『装苑』1月号表紙のアートディレクションを手がけたのは、吉田ユニさん。実はこのビジュアル、本誌80周年を迎える記念すべき2016年1月号からスタートした新連載「PLAY A SENSATION」で作られたもの。吉田ユニさんが毎号ゲストとともにビジュアルや感覚で遊び、独創的な世界を展開する誌上ギャラリーなんです。ページをめくって、連載ページp12-13の全身バージョンもチェックしてくださいね。オンラインでは特別に、この撮影の裏側をお見せします。加えて吉田ユニさんが、特集「NEWCOMER & NEW CREATION みたことないものが、みたい。」の「6つのブランドで妄想するモード」で手がけたビジュアルの撮影現場も公開しちゃいます!!

magazine.jpg

1 今回は俯瞰での撮影のため、ヘアメイクと衣装を整えたら、二階堂さんに仰向けになってもらってセットをスタート! 2,3 なんといっても一番手間ひまかかっているのがこのウェーブヘア。ヘア担当の奥平さんは、今回の撮影のためにスーツケースいっぱいにウィッグを持ち込んで。うねうねとしたウェーブの質感、端から端まで全部手作業です!CGが浸透している今でもアナログで作り上げていくユニさんらしいこだわり。4,5 全体像はこちら。フォトグラファーの間仲さんは、高さ4mほどの天井から撮影に望みます。ここで長らく作業していましたが結構怖い、はず。6 いよいよ撮影開始。モニターでチェックしながら最終調整していきます。7 1時間以上ホリゾンの上に寝たままの二階堂さん。ずーっと同じポーズできっともう体が痛いはずですが、あともう少し...! 8 撮影後のオフショットより一枚。いろんなポージングにチャレンジ! photograph:Hiroshi Manaka 9 連載と表紙の撮影が終わり、初めてモニターをチェックした二階堂さん。ユニさんのアイディアを垣間みられておもしろい撮影だったと、楽しんでいただけたようです! 10,11 ユニさんの連載と表紙のイメージラフも公開。ヘアは前述の通りですが、衣装もこの撮影に合わせて作られたオリジナル。一つ一つにこだわってかなりラフに近い仕上がりになりました。12 終了後に、二階堂さんとスタッフ+本誌編集長で記念撮影。みなさんいい笑顔です? 撮影ありがとうございました!

1 毎年恒例のニューカマー特集です。ファッションのカテゴリからは、「DECO depuis 1985(デコ デピュイ 1985)」「SIIILON(シーロン)」「YOHEI OHNO(ヨウヘイ オオノ)」「ELZA WINKLER(エルザ ウィンクラー)」「YASUYO HIDA(ヤスヨ ヒダ)」「AYA VILELA(アヤ ビレラ)」の期待の6ブランドを選出。2 ファッション撮影らしからぬ、おいしそうな野菜とフルーツも小道具として並びます。3 洋服と、ウィッグやアクセサリーなどの小物を合わせて最終チェックするユニさん。4 今回はあえてモデルを使わずに人の形を作り、モードなビジュアルに挑戦!特に女性を表現するウィッグは、重要な小道具の一つ。ヘアのYUUKさんが丁寧に作り込んでいきます。5 ,6 今回も俯瞰での撮影。ウィッグに、洋服、ハンガー(パンツ代わり!)、そしてメロン、トウモロコシが置かれていく光景は、端から見るとなかなかシュール。洋服とのコントラストをつけるために、野菜やフルーツ、パン、花などを使ったそう。7 今回もラフ通りの仕上がり。8 モニター越しにちらり。完成したビジュアルは、p18-23を見てくださいね。

1月号の特集は、毎年恒例のニューカマー企画。新人クリエイターの紹介はもちろん、著名なブランドやクリエイターが初めて提案するクリエイションも多数登場!編集部、各業界のプロたちが注目しているものをいち早くお知らせします。
そして、今もなお新しいファンを獲得し続ける漫画家、江口寿史さんの描く女の子のイラストに絞ってそのパワーを探る「江口寿史が描く、ファッションと女の子」、映画『サンローラン』の公開に合わせて「イヴ・サンローランの10年の光と影を描いた映画から知る、モードとカルチャー」で、ブランドのクリエイションとこの時代のカルチャーをひもときます。
さらに、新連載が続々スタート!このページでもご紹介した「PLAY A SENSATION」、注目の女の子をフィーチャーする「GIRL これからの、女の子」、表現者として輝くメンズの魅力に迫る「装苑男子」、ブランドの思い入れのあるアイテムを自分で作れる「このブランドの製図が見たい!」もお楽しみに♡
装苑1月号の目次はこちら

MAGAZINE

『装苑』2017年10月号、8月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top