『everyday Ribbon』装苑ONLINEブロガー、佐々木茜とリボン vol.1

main.jpg

photographs:Jun Tsuchiya (B.P.B.), model:Akane Sasaki

布を使って様々な表現活動を行なってきた、アーティストの松本りあんさん。彼女の活動の一つに、毎日リボン(蝶タイ)を作り続けるというユニークなプロジェクトがある。とにかく毎日1個ずつ。その日の気分で素材を選び、形を作る。そんな自由な発想でリボンを作る彼女の活動を「everyday Ribbon リボンがなくちゃはじまらない!」と名付け、連載をスタート。毎回1個ずつ、エピソードとともにリボンを紹介する。

ファーブル昆虫記

蝶々はどこに?、夏休みはつづく

ファッションポータルサイト「fashionjp.net」で連載していた人気企画が復活!記念すべき復活第一弾は、装苑ONLINEにて独自の視点で記事を執筆しているブロガーが登場!今回はそれぞれ、異なる2つのテーマでスタイリングの提案を。カラフルでユニークなモチーフのリボンは「春のパーティ」、2015年の新作であるモノトーンのリボンは「シックな気分」をイメージして、お気に入りの洋服と場所も選んでもらった。

01.jpg

02.jpg

day123
佐々木茜の春のパーティ

line.jpg

妖精のようなキュートな風貌と抜群のセンスで、文化女子大学(現・文化学園大学)時代は読者モデルとして、そして現在はアパレルメーカーAMBIDEXのプレスとして活躍する、佐々木茜さん。かわいらしくもウィットに富んだデザインが好きな彼女が一目惚れしたこのリボン、よく見るとリボン本体のうしろにそっと、蝶々が息をひそめて隠れている。夏休みの自由課題で、昆虫採集している男の子をイメージして制作。素材にはむしとり網をモチーフに、ネオンカラーのメッシュとチュールを用いた。佐々木さんは、「色とりどりの食材がテーブルに並ぶガーデンパーティに、ひらひらと美しい蝶々が舞い込んできたというイメージでスタイリングしました」

¥8,000(一点物)

prf_img.png

松本りあん●1978年東京生れ。2002年多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイル専攻卒業。都内各所のギャラリーやカフェにてテキスタイル作品を発表後、'08年よりリボンのプロジェクトをスタート。1~2年に1度の展示会にて発表、販売している。

WEB:www.rianlxl.jp

※リボンは販売しています。件名「everyday Ribbon 掲載リボンの販売について」とし、本文にお名前とご連絡先、リボンの名前を必ず記載してこちらまでメールをお送りください。

MAGAZINE

『装苑』2017年6月号、4月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top