「SINA SUIEN」2015-'16 A/W COLLECTION 東洋の架空の国スイエンからやってきた存在感のある服とモデル

ganryu140204

有本ゆみこのコレクション。シナ改め、シナスイエン、とブランド名を変更した。スイエン(睡園)というのは、架空の東洋の国なのだそうだ。会場で、全10点の作品名がイラストとともに配られたが、それによると、登場順に、OL娘、柔道娘、おつかい娘、大人娘、やんちゃ娘、睡園ワンピース(3点)、中国娘、妖艶娘と適当な名前が付けられている。そしてテーマは「木木」ということだ。ちょうど同時期に銀座の資生堂ギャラリーでも展覧会を開催中だったアーティストの狩野哲郎による会場構成は、自然の木や枝とプラスティックなどのカラフルな人工物とを組み合わせた、公園を思わせる不思議な木のある景色である。一つの面には鏡が張られていて、モデルの動きに変化を与えている。音楽もない中、モデルは、静かに現れて、自由にこの「木木」と戯れ、交感して、帰っていく。ドレスは、国籍不明な布(刺繍やジャカード、レースなどの凝った古着を活用)を自由に組み合わせて作った1点もの。素材だけでなく、デザインもアジアの民族服からのインスピレーションを感じさせつつ、単なるアジア調ではなく、組み合わせがとても新鮮だ。取り扱いは、Lamp harajukuのみ。

Brand : SINA SUIEN / シナ・スイエン
Designer : Yumiko Arimoto / 有本ゆみ子
Date : March 21th 2015
Start : 18:00
Place : polygon aoyama
Photographs : Josui(B.P.B.)
Text : Mariko Nishitani

SINA SUIEN
sina1986.com

MAGAZINE

『装苑』2017年9月号、7月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top