「mintdesigns」2015-'16 A/W COLLECTION スモークという粗く半透明な世界

ganryu140204

紛れもなくミントデザインズなのに、どこか既存のイメージを裏切っている、少し大人モードに足を踏み入れている、そんな印象を受けた今シーズンのミントデザインズ。遅めに始まったショーを待つ中、暗闇にカタカタという音が聞こえたと思うと、音楽が始まり、モデルたちが登場した。みな、透ける布で顔を覆っている。カタカタは、映写フィルムの回る音で(残念ながら編集映像では消えていたが)、昔のモノクロ映画を念頭に置いた演出とのこと。「スモーク」というテーマには、画素数の粗い、色あせた映画の世界をのぞき見るような、余韻のあるあいまいさを表現してみたいという意志が込められている。見えるような見えないような、透け感の視覚的な効果は、季節の境界が薄れてきた今日のワードローブのあり方にも及ぶ。たとえば、ローゲージのニットの上に、透ける素材を羽織ってみるといった組み合わせの逆転をも提案すること。今回のカラーパレットは、モノクローム中心で抑えられているが、その分、透け方の語彙は、多彩なレースやオーガンジーだけでなく、織りで凹凸をつけたり、レースを加工して革のような質感を出したりと、雄弁だ。シルエットは、スリムで長い丈が多く感じられた。幾何学的なモチーフが多い中、生成りに赤い柄は、実はジャカードの赤いバラ模様。フィナーレの原色のグラフィックなアクセントは、絶縁テープを貼ったものなど、ディテールを手に取って見たくなる実験的な素材もたくさん登場した。

Brand : mintdesigns / ミントデザインズ
Designer : Hokuto Katsui, Nao Yagi / 勝井北斗、八木奈央
Date : March 17th 2015
Start : 20:00
Place : The Garden Hall
Show Director : Shige Kaneko
Hair & Makeup : Katsuya Kamo (mod's Hair)
Music : Masayoshi Tomioka
Styling & Art Direction : mintdesigns
Photographs : Jun Tsuchiya (B.P.B.)
Text : Mariko Nishitani

mintdesigns
mint-designs.com
TEL03-5770-4620


MAGAZINE

『装苑』2020年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top