「Mame Kurogouchi」2018 A/W TOKYO COLLECTION 強さと繊細さが同居する"マメのフィルターを通した日本"

ganryu140204

3月19日から始まったAmazon Fashion Week TOKYO 2018A/W。デザイナー黒河内真衣子が手がける人気ブランド、マメが"FASHION PRIZE OF TOKYO"(以下、FPT)を受賞し、パリでプレゼンテーションを開催。そして東京で、Amazon Fashionが展開するプログラム"AT TOKYO"に選ばれ、初めてショー形式でコレクションを発表した。

FPTは、「既に国内外で知名度のある東京のファッションデザイナーを1組、選定表彰し、パリでのファッションショー形式のコレクション発表をサポートする」というファッションプライズ。東京都ならびに繊維ファッション産学協議会主催、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)共催により今年創設された。

会場は、アマゾンジャパンが品川シーサイドに開設した撮影用のファッションスタジオ。コンクリート打ちっ放しの空間に、草花のモチーフと黒のボーダーのように見える玉虫のように光るドレスからショーは始まった。異なった編み地が組み合わされたニットやジャカード織りのしなやかな素材感、草花のプリント柄などには、強さの中にも繊細さがうかがえる。その中に差し込まれる、躍動感のある胸元や裾をフリンジが覆う手織りのドレス。

インスピレーションの源になったのは、フランスの建築家・デザイナーであるシャルロット・ペリアンによる戦前開催された「選択・伝統・創造」展の図録。それは、黒河内にとって「今見てもモダンで途轍もなくうつくしいもの」に感じられた。その展覧会は、ペリアン女史が日本全国の職人に会い、身の回りに潜んでいる日本の民具や工藝に美を見出し、それらをまとめたものだった。黒河内の自分の身の回りをもう一度見直してみる作業がはじまった。

その作業から、どのように服に落とし込まれていったのか、黒河内が詳しく説明しているので紹介したい。「カラーパレットの茶色は事務所の周りに落ちている落ち葉達。ミントグリーンは、毎日使っている領収書から採取。いつも踏んでいる石段はベロアのジャカードに。ドレスやニットのモチーフとなった草花は、庭に咲いている植物やいつも行く喫茶店で活けられたものをスケッチしたもの。日本の藁細工のディテールは、ニットや荒々しい手織りの生地になった」。

この説明を読んで浮かぶイメージより、モチーフや布地はもっと豊かに、そして、強く展開されていた。「マメのフィルターを通して描かれた日本」からは、黒河内の内に秘めたデザイナーとしての強い意志も感じられたショーだった。

(取材・文=清水早苗)

Brand : Mame Kurogouchi / マメ
Designer : Maiko Kurogouchi / 黒河内真衣子
Date : March 19th 2018
Start : 19:00
Place : AMAZON FASHION STUDIO
Photographs : Jun Tsuchiya (B.P.B.)

黒河内デザイン事務所
www.mamekurogouchi.com
TEL03-6379-0029

MAGAZINE

『装苑』2018年9月号、7月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top