「Chika Kisada」2017 A/W TOKYO COLLECTION "チュール"と"パンク"で描くチカ キサダの世界

ganryu140204

Amazon Fashion Week Tokyo 2017A/Wの最終日、3月25日は、「TOKYO FASHION AWARD」(主催:東京都および繊維ファッション産学協議会)の第3回受賞者、6ブランドによるショーが、渋谷ヒカリエのヒカリエホールで行なわれた。受賞したブランドの一つ、「Chika Kisada」は、会場を漆黒の世界に変え、タップダンスのような、手拍子のような音がリズムを刻むなか、ショーがはじまった。
照明を浴びて次第に浮かび上がってくるファーストルックは、トップもボトムもブラック。シャツの胸や袖にフリルが並び、袖は分量感がある。パンツに重ねられたプリーツ。オールブラックの色合わせが続く。チュールで結ばれたシューズだけはホワイト。ブラックジャケットを、同色のチュール・フリルが飾る。そして、ピンクのシリーズへ、ロマンティックな質感をもつ素材が、過剰に布が寄せられ、重ねられることで、強さを表す。背中がカットアウトされたのジャケットとチュールがふんだんに使われたスカートからは、強さと同時に危うさも漂う。続く、ブルーのシリーズでは、ベルベットのAラインのロングドレスから、ブラックのチュールがのぞく。光沢のある布池を使ったシンプルなデザインには、何かもの寂しさが漂い、フーディやドレスにハーネスが合わされたルックからは、反抗的な雰囲気生まれてくる。
テーマは、「記念写真の記憶」。街角の写真館で目に止まった、七五三の写真に写る一人の少女が発想源になっている。その少女が着ていた服から、思春期に抱く感情へと、イメージは広がっていく。少女から大人になっていく時の、複雑で壊れそうな感覚が表現される。
バレエダンサーとして活躍したのち、デザイナーとなった幾左田千佳。ブランド・コンセプトは、「バレエのエレガンスとパンクの生命力、という相反するイメージの融合から生まれる"強いエレガンス"」。まさに、このコンセプトが形となっていたコレクションだった。
(取材・文=清水早苗)

Brand : Chika Kisada / チカ キサダ
Designer : Chika Kisada / 幾左田千佳
Date : March 25th 2017
Start : 16:00
Place : Shibuya Hikarie Hall A
Photographs : Norifumi Fukuda (B.P.B.)
Text : Sanae Shimizu

エルバグース
www.chikakisada.com
TEL03-3373-7493

MAGAZINE

『装苑』2017年6月号、4月27日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top