「KEISUKEYOSHIDA」2018 S/S TOKYO COLLECTION 自由な発想で、リラックス感や開放感をデザインした日常着

ganryu140204

深いVの打ち合わせ、腰からひらひらと弧を描く布が垂れている......そんな肌が露出されたカットソーのドレスからショーが始まった。一瞬、戸惑いを覚えた。デザイナー、吉田圭佑の作風には似合わないセクシーという言葉が頭をよぎったが、すぐにかき消す......。

ルックは、サイドの布を切り取ったかのような裂け目(パイピングで縁取り)のあるシャツに、前身頃に、裾に向かって太くなっていくラインの入った、ジャージー(運動着)感覚のパンツ。そして、"自由"を表現したいのだと感じたのは、ヒッピーファッションの象徴である、ヘアバンドに"ベルボトム"のパンツが登場した時だ。ベルボトムといっても、膝下に、リブ(スポーツウエアの袖や裾に使われるリブ編み)が接ぎ合わされ、ギャザーが寄せてある。

裂いてリボンを結んだり、大きく穴をあけたようなトップやドレスは、セクシーという言葉とは程遠く、世の中に蔓延する閉塞感を突き破ったような、精神的な解放感が感じられた。テーラードのロングベストにいたっては、裂け目がさらに大きくなり、裾を裂いて結んだインナーと一体化したデザインになっている。最後には、グラフィカルな原色系の"ジャージー"と、"リボンと穴"ベストとがコーディネートされ、自由な気分がさらに強調されていた。

ショーの後、「フリーな姿勢、自由なあり方」を「等身大に表現」したかったと、吉田は語った。筆者が閉塞感と感じたのは、デザイナーにとっては、日常の無力感を指していた。そこから、日常の中のリラックス感をデザインすることに。ところが、「"日常着"ができあがってきた時、かたさを感じた」という。そこで、はさみを入れ、再びデザインしなおした。そうやって生まれたのがリボンと穴のシリーズだ。吉田の言いたいことが十二分に伝わってくる、勢いのある良いコレクションだった。
(取材・文=清水早苗)

Brand : KEISUKEYOSHIDA / ケイスケヨシダ
Designer : Keisuke Yoshida / 吉田圭佑
Date : October 17th 2017
Start : 12:00
Place : Omotesando Hills SPACE O
Photographs : Jun Tsuchiya (B.P.B.)
Text : Sanae Shimizu

KEISUKEYOSHIDA
keisukeyoshida.com
TEL080-5490-2548

MAGAZINE

『装苑』2017年12月号、10月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top