「HYKE」2018 S/S TOKYO COLLECTION アウトドアウエアを解体し取り込みながら、エレガントで気品漂う女性像を描く

ganryu140204

「green」のデザイナー、吉原秀明と大出由紀子が名称を改めて再開した「HYKE」。先シーズンに続き、白壁の東京・中目黒にあるオフィスで、2回目となるショー形式の"インスタレーション"を行なった。

HYKEのコンセプトは、「HERITAGE AND EVOLUTION」(服飾の歴史、遺産を自らの感性で独自に進化させる)。コレクションは、テーマは掲げず、「何かしらのスタイルや古着などをインスピレーションソースとして、再構築しながらデザインしている」。今シーズンは、着想源として"Outdoor Clothing", "Military Clothing", "Work Clothing"の3つがあげられていた。

HYKEのデザインの特徴は、アウトドアやミリタリーといった機能性重視の頑強な服を解体し、それらをカラー、形状を含めて部分的に取り込むことによって、HYKE流のエレガンスの世界を再構築していくことにある。その力量に、今回も思わずうなってしまった。素材感や分量感、全体のバランスなどが絶妙なのだ。

例えば、今回のコレクションを象徴しているファーストルックは、襟の高いアウトドアコートの丈を、ミドリフよりさらに短くバストの上になっているトップ。裾は、ギャザーがよせられ弧を描き、両袖にはアウトポケットが斜めに付いている。合わされているのは、パンツの上に着用した太めのプリーツのロングドレス。カラーは、全身ミリタリーのカーキ。

袖を取り除いたアウトドアコートにオーガンジーのように透けるプリーツスカート、といったようにシンプルにハードなものと流れるような柔らかな素材との組み合わせも新鮮。他方、ウエストをベルトで締めた黒のロンドレスもエレガントで美しい。ほとんどが、細長いシルエットに、ボトムは、細身やサイドスリットのパンツに、ドレスやスカートを重ねるスタイルを貫いていた。

終盤のパートには、「THE NORTH FACE」とコラボし、そのロゴがデザインの一部になったルックがいた。肩と袖がブラックの大胆なパイソン柄とロングアウターは、特に目をひいた。

エレガントで気高さのあるHYKEが描く女性像。会場には、終始、静謐で清新な空気感が漂っていた。
(取材・文=清水早苗)

Brand : HYKE / ハイク
Designer : Hideaki Yoshihara, Yukio Ode / 吉原秀明、大出由紀子
Date : October 19th 2017
Start : 18:00
Place : HYKE Office
Direction : Tomochika Komoriya (VISIONS AND PARADOX)
Hair : ABE (M0)
Makeup : yUKI for Loopblue (M0)
Music : WORK #6, #7, #8 / UYK
Photographs : Jun Tsuchiya (B.P.B.)
Text : Sanae Shimizu

HYKE
www.hyke.jp
TEL03-3719-1239

MAGAZINE

『装苑』2017年12月号、10月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top