「HYKE」2015-'16 A/W COLLECTION 未来を見据えた服

ganryu140204

ハイクのコンセプトは、HERITAGE AND EVOLUTION。長い間欧米のワークウェアやミリタリーウェアを中心とした古着を買い集め、魅力的な古着に出会うたびに、服飾史を紐解いて、デザインの意味や機能、素材の特徴を読み解くという作業を重ねてきたブランドだけに、ディテールや装飾を競うようなデザインはなく、どれも長く生き残りそうな、時間がたつほど魅力が増すような、そんな潔さを放っている。かつて、greenという名前で活動していた時は、ショーで発表したが、現在は、展示会とオリジナルの動画とルックブックでの発表。その動画もルックブックの写真も、ストイックなまでにコンセプチュアルにまとめていて、まるで、ワークウェアのカタログのようだ。ホームページを見ても、アイテム名と素材とを無機的に並べていて、コート、ジャケット、パーカ、ニット、ドレス、カットソー、ブルーズ、ポンチョ、とアイテムは絞り込まれている。しかし、デザインは決して定番的なものではなく、「ヘビーデューティ・ワークウェア」をテーマにした今シーズンは、とりわけコートに力作が並んでいる。色もワークウェアらしく、黒とベージュに限定しているが、「基本はどこに出しても恥ずかしくない、いろいろなものと組み合わせやすい上質なものをご用意しましたので、あとは、お好きなものを合わせて、個性的なファッションを楽しんでください」という声が聞こえてきそうだ。最後のひとつだけエクリュのポンチョは美しい例外かもしれない。このハイクのとてもユニークなアティテュードは、マッキントッシュやアディダスとのコラボレーションからもわかるように、今や各所で注目されている。

Brand : HYKE / ハイク
Designer : Hideaki Yoshihara, Yukiko Ode / 吉原秀明、大出由紀子
text : Mariko Nishitani

Bowles
www.hyke.jp
TEL03-3780-1239

MAGAZINE

『装苑』2020年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top