装苑モデルのSUMIREさんがWOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」に出演。10/6(日)22:30スタート!

WOWOWオリジナルドラマとして過去2回映像化されている、犯罪捜査を描く推理ドラマ「殺人分析班」シリーズ。そんな「殺人分析班」シリーズの第一作目『石の繭』で登場した、古川雄輝さんが演じる知能犯、八木沼雅人にスポットを当てて、制作された新ドラマ『悪の波動』が2019年10月6日(日)22:30からスタートする。今回のドラマでは、八木がいかにして冷酷な殺人鬼になったのかを描いている。
装苑モデルとしても活躍するSUMIREさんは、本作で八木沼雅人へ密かに想いを寄せるヒロイン、浅田吉佳を演じる。八木とは、中学の同級生で、成人して二人が再会したところで物語が展開していく重要な役どころだ。お互い人と付き合うことが苦手だからこそ、惹かれあっていく、繊細で危うい二人の関係に、ぜひ注目してみて。

aku191006a.jpg

aku191006b.jpg

aku191006c.jpg

 【SUMIREさんコメント】
吉佳という役を演じて、今までの役とはまた違った印象を与えられれば嬉しいと思います。また、新たにちょっとしたアクションにも挑戦していますので皆様に楽しんでいただければと思います!
―公式ホームページから引用―

「WOWOWオリジナルドラマ 『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』」
2019年10月6日(日)から毎週日曜22:30放送
全5話(第1話放送無料)
WEB:www.wowow.co.jp/drama/hadou/

【第1話あらすじ】川崎市内で、首をつられて殺害される連続"首くくり殺人"事件が発生。警察の捜査は難航していたが、捜査一課の刑事・井口(池田鉄洋)は事件の容疑者として、野木(古川雄輝)を独自にマークしていた。野木は身元を詐称しており、疑わしい男だった。野木の本名は、八木沼雅人。6歳の時に、母親とともに誘拐された痛ましい"昭島母子誘拐事件"の被害者だった。隣人の吉佳(SUMIRE)はそんな野木の正体に気付き......

MAGAZINE

『装苑』2020年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top