装苑3月号連動:「クリエイターの愛用品」vol.11 デザイナー藤澤ゆきさんのロンドン留学時に出会った思い出の絵皿

発売中の『装苑』3月号の特集は「スタイルのある小物」。その中の企画の一つ、「20名に聞きました!クリエイターの愛用品」では、オリジナリティあふれる物を作って発信する彼らが、日々の生活の中でどのように物を選び、どんな物を使っているのか、私物とともにご紹介しました。装苑ONLINEではスピンオフ企画を決行。同企画に登場してくださったクリエイターからもう一つ、加えて、特集内のファッションストーリー「4人の女の子 それぞれのスタイルと小物」のモデルと撮影スタッフに、愛用品を公開していただきました!

yukifujisawa160309.jpg

様々な国の食器を集めることが好きな藤澤ゆきさんは、小皿から大皿、コップやカトラリーなど、旅行へ行くたびに現地の器を集めている。フォトジェニックなこの3枚のプレートは、藤澤さんがロンドン留学時に、蚤の市で出会ったもの。「当時、住んでいた家の近所の小学校では毎週末、小さなカーブーツセールをしていて、そこでセットで購入しました。8枚くらいの中から悩んでお気に入りを選りすぐったのを覚えています。」日常的に愛用する実用的な食器というより、美術館のように作品として飾り、毎日観賞して楽しんでいるそう。



fujisawaprof.jpg
藤澤ゆき
1989年生まれ、東京都出身。テキスタイルアーティスト、デザイナー。テキスタイルレーベル「YUKI FUJISAWA」主宰。手作業の染色による一点物のファッションプロダクトをはじめ、ファブリックデザインや広告など幅広く活動している。yuki-fujisawa.com photo:Fashionsnap.com


『装苑』3月号の目次はこちら



MAGAZINE

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top