「サロン・デュ・ショコラ 2018」で一押しのフォトジェニックなチョコレートは? 今回は入場のために事前予約必須!

毎年このイベントを心待ちにしている人も多いはず!フランス・パリで生まれたチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2018」の東京でのイベント会期が、2018年1月22日(月)〜28日(日)に決定!

第16回目を迎える今回のテーマは「"ショコラの偉大なる冒険 La grande avanture du Chocolat" ようこそ!ショコラのラビリンスへ」。フランスを中心に世界各国から実力派のショコラティエとパティシエが集結し、チャレンジ精神が詰まった新作や、見た目からは想像もつかない意外な食材を使ったユニークなものなど、ドキドキとワクワクが止まらない多種多様なショコラが勢揃いする。お気に入りのショコラティエ、パティシエのチョコレートを購入するのはもちろんのこと、ブランドにはこだわらず、美しいチョコレートとの新たな出会いを探して"冒険"するのもきっと楽しいはず!このページでは、内覧会で見つけたフォトジェニックでチャーミングなチョコレートをピックアップして、一押し情報をひと足早くお届けします。

尚、会場は、以前も開催されたことがある「新宿NSビル」に移して行なわれる。また今回は、入場までの待機の時間や会場内の混雑緩和のため、インターネットで事前に入場チケットを購入する形式に。明日の12月2日(土)10:00から予約をスタートするので、公式サイトへと進み、早めにお申込みを済ませて。先着順、無くなり次第終了。


sdc171201


sdc8171201

フランス国家最優秀職人「M.O.F.」ショコラティエ部門の認定シェフや、フランスのショコラ愛好家著名人が行なうチョコレートの格付け「C.C.C.」で最高評価を獲得したシェフなど、一流シェフたちの豪華な共演が実現した「セレクション ボックス」が今年も3つ登場。そのうちの一つ、写真の「Aventure(アヴァンチュール)」はまさに今回のイベントテーマを体現したもの。16名のシェフの冒険心から生まれた、初めての味わいや驚きのある組合せのチョコレートが詰まっている。


sdc7171201

今回、初出店となる「INTUITIONS by Jérôme De Oliveira」は、史上最年少の23歳で「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」で優勝した大注目のシェフによるもの。プラリネ、キャラメル、ガナッシュの3タイプからなる雫型のチョコレートはレトロモダンな印象。


sdc4171201

日本でも高い人気を誇る「Patrick Roger」が再び、サロン・デュ・ショコラに帰ってくる!芸術作品のようなオリジナリティにあふれ完成度の高いルックスはもちろんのこと、自ら農園で育てた素材や、フランスで厳選した素材にこだわるなどハイクオリティーな作り。


sdc2171201

南仏アヴィニョンの隣町、シャトールナーに店を構える「Frédéric HAWECKER」は、地元愛が感じられる商品が特徴的。写真左の緑色のボックスは、プロヴァンスのオリーブオイルの魅力を伝えたいという思いから生まれたショコラ。3種類のオリーブオイルを使い、水と生クリームで作るシンプルなタイプ、生姜、レモン&バジリコと3種類のバリエーションが味わえる。オイルのミニボトルもセットに。


sdc1171201

シンガポール出身の女性シェフによる「JANICE WONG」は、心が揺さぶられるような色とりどりのアーティスティックなショコラを発表。ジンジャーフラワーやこぶみかんキャラメルに加え、ラクサリーフ&レモングラス、バーベキューポークという個性的な味わいにも挑戦して。


sdc5171201

南仏アンティーブの高級リゾートホテル「HOTEL DU CAP-EDEN-ROC」で提供されるオリジナルショコラ。白桃とジャスミン、フランボワーズとバラ、マンダリンオレンジウォーターという、南仏らしいフルーツと花の組合せを提案。フェミニンで華やかな香りとデザインにも惹かれる。


sdc3171201

「Franck KESTENER」のケストナー氏は、代々続くパティスリーを継承する三代目で、27歳でM.O.F.ショコラティエを取得するなど優れた作り手として知られている。人気シリーズの新作、ブルーベリーのコンフィチュールを閉じこめた、鮮烈なブルーのタブレットにご注目を。


sdc6171201

まるで本物のパールのように上品で美しいショコラは、「François Gimenez」によるもの。柚子のパート・ド・フリュイをホワイトチョコレートでコーティングし、ラメの輝きでジュエリー感を演出。日本好きのジメネーズ氏が、日本の真珠に興味を持ち、実際に産地を訪れてインスピレーションを得たそう。


sdc9171201

思わず写真におさめたくなるほど、ころんとしたフォルムがキュートないちごの形のショコラは、世界的な評価を得ている「David Capy」の遊び心から生まれた。いちごのクーベルチュールを使用し、シンプルなナチュールとスミレのフレーバーの2種類を並べて。


nayuta171201

三越伊勢丹がプロデュースするアジア発のチョコレートブランド「NAYUTA CHOCOLATASIA」が、マレーシア・クアラルンプールのISETAN The Japan Store Kuala Lumpurに1号店をオープンと同時にデビュー。まだあまり知られていない高品質で産地・作り手の明確な、マレーシア、フィリピン、ベトナム、インドネシアのカカオ豆を使用。リセッタ・シアーズ氏によるアジアとヨーロッパの要素を織り交ぜた、パッケージデザインも魅力的。


nayuta2171201

商品は、4カ国のカカオ豆それぞれの強みを反映し、食べ比べをしても楽しいタブレットと、ココナッツやマンゴーなどのアジアをイメージさせるトロピカルフルーツを用いたボンボンショコラ、アーモンドやカシューナッツ、ココナッツ、パパイヤにチョコレートをコーティングしたカジュアルチョコレートなどを展開。ミルキー、キャラメル感、やわらかさといったアジア人の好みを反映して。日本で手に入れることができるのは、サロン・デュ・ショコラが初めてのチャンスに!


「サロン・デュ・ショコラ 2018」
期間:2018年1月22日(月)〜28日(日)
場所:新宿NSビル 地階=イベントホール
   東京都新宿区西新宿2-4-1
時間:10:00〜20:00
入場料:648円(カタログ付き)
WEB:www.salon-du-chocolat.jp

※伊勢丹新宿店(新宿NSビル)での開催のほか、丸井今井札幌本店(2018年1月31日〜2月14日)、ジェイアール京都伊勢丹(1月31日〜2月14日)、仙台三越(2月1日〜14日)、岩田屋本店(1月25日〜2月14日)、名古屋栄三越(1月31日〜2月14日)でも開催。詳細は公式サイトにて。


MAGAZINE

『装苑』2018年1月号、11月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top