装苑モデルSUMIREの出演する映画『サラバ静寂』、主演はいま注目の若手俳優・吉村界人!公開日も決定!

装苑モデルのSUMIREが、宇賀那健一監督による『サラバ静寂』で映画に初出演し、女優デビュー!そのお知らせは『装苑』2017年3月号にも掲載しましたが、主演&公開日の続報をここで!

『サラバ静寂』の舞台は、「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された日本。ネジ工場で働くだけのつまらない生活を送っていたミズトとトキオはある日、偶然根絶されたはずの音楽がたくさん保存されている廃墟を見つける。廃墟に通いつめ、どんどん音楽に魅了されていく2人は、いまだに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知り、そこへいくことを夢見て一緒に音楽を作りだす。

音楽に心を奪われる主演のミズト役に抜擢されたのは、気鋭の若手俳優、吉村界人さん。2016年公開の『太陽を掴め』で長編映画初主演を飾り、近作では映画『獣道』『関ヶ原』、ドラマ「わにとかげぎす」「僕たちがやりました」など数々の作品に出演し、その度に注目度が上昇している。
トキオ役は、映画『葛城事件』の演技が注目を呼び、第8回TAMA映画賞で新進男優賞を受賞した若葉竜也さんが務める。

吉村さんは、「監督とはもともと知り合いでしたので、やっと一緒に映画をできるんだ、と瞬間的には歓喜しましたが、その倍以上に冷静で、ちゃんと成し終えないと、という気持ちが押し寄せてきました。宇賀那監督、プロデューサーと三人で身を焦がしながら、渇望してました。今、静寂してる時間はなかったので。主人公ミズトは、作品の普遍でありストーリーテラーをしながらも、絶え間なく人生に枯渇したような空気が流れてくるように考えました。共演した竜也、SUMIREの青い炎であろうと思いました」とコメント。

そして、この映画の公開日が、2018年1月27日(土)に決定!渋谷ユーロスペースをはじめ、順次全国公開予定となっている。


saraba170912.jpg

©『サラバ静寂』製作委員会

saraba2170912.jpg

©『サラバ静寂』製作委員会


SUMIREが演じるのは、ミズトとトキオのようにその廃墟に足を運ぶようになる、音楽を所持している罪で父親を殺されたヒカリという女の子。SUMIREをスクリーンで見られる日が待ち遠しい!


メイキング特報も本日から公開▼


Twitter / facebook / Instagram


MAGAZINE

『装苑』2017年12月号、10月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top