【From パリ支局】心温まる昭和の思い出にフランス人もほっこり

--文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

momoko_6sep2021_01.jpg

Journée (Kotimi © Rue du Monde)


パリ日本文化会館で、絵本作家KOTIMIさんの展覧会が開催されています。タイトルは『あのころのわたしたち(KOTIMI, VISAGES D'UNE ENFANCE JAPONAISE)』。

フランス在住のKOTIMIさんは、2016年に「ボローニャ国際絵本原画展」で入選したことを機に、数多くの絵本を出版しています。展示されるのは、作家自身の少女時代を背景にした絵本「Momoko, une enfance japonaise」の原画や版画。1970年代の東京を舞台に、金魚売りの屋台、食卓を囲んだ家族、小学校にあがる時の思い出など、懐かしい記憶がよみがえります。

「日本とフランスでは文化や生活様式が違うけど、自分の子供の頃の思い出と重なるんですよね。観ていてとっても楽しいですよ!」とパリのマダム。ほのぼのとした昭和の日常を描いた作品が、来館したフランス人たちを虜にしていました。

ほっこりとした気持ちになるノスタルジックな作品をぜひご鑑賞ください。

momoko_6sep2021_02.jpg

Momoko famille (Kotimi © Rue du Monde)

momoko_6sep2021_03.jpg

左:Enfance (© Kotimi) 右:Momoko cartable (Kotimi © Rue du Monde)

momoko_6sep2021_04.jpg

左:Souvenir (© Kotimi) 右:Momoko Thé (Kotimi © Rue du Monde)


【展覧会にて】

momoko_6sep2021_05.jpg

展示されるのは50点の原画と版画。


momoko_6sep2021_06.jpgmomoko_6sep2021_07.jpg

デッサンに交じってKOTIMIさんの昔の写真も。


momoko_6sep2021_09.jpgmomoko_6sep2021_10.jpg

KOTIMIさんの子供の頃のノートや絵、着ていた服なども展示。


momoko_6sep2021_08.jpg

ショーケースを熱心に覗き込む家族。


momoko_6sep2021_11.jpg

観覧者には親子連れも多く、子供も大人も興味津々に見入っていました。


momoko_6sep2021_12.jpgmomoko_6sep2021_13.jpg

毎週土曜日の15時~17時には、会場でKOTIMIさんのサイン会を開催。


momoko_6sep2021_14.jpg

優しそうな笑顔が印象的な作家のKOTIMIさん。


momoko_6sep2021_15.jpg


『あのころのわたしたち』展
2021年10月2日(土)まで。

パリ日本文化会館(エントランスホール)
101 bis Quai Branly 75015 Paris France
開館時間:11時~19時
定休日:日曜、月曜
入場料:無料
オフィシャルサイト


Photographs : 濱 千恵子(Chieko HAMA)
Text : B.P.B. Paris

MAGAZINE

『装苑』2021年9月号、7月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top