ローワー・イースト・サイドのモードな映画館「メトログラフ」 From New York

映画がどんなに好きな人でも、最近はネット配信で見られる便利さゆえ、映画館まで直接足を運ぶ機会が激減しているご時世。とはいえ、ニューヨークでは、今も根強くインディペンデント系の映画館が個性を持って存在している。今年3月、オーナーの7年越しの夢が実ってオープンした「メトログラフ」は、レトロな要素と今のトレンドがうまくミックスした新しいタイプの映画館。それもそのはず、創設者のアレキサンダー・オルチは、近所にブティックを構えるおしゃれなメンズブランドのデザイナーとしての顔も持ち、彼が幼い頃に体験した、映画館での魔法のような感覚をもう一度よみがえらせたいと一念発起。最近ギャラリーやユニークなカフェがオープンしているローワー・イーストに、長年の夢だった映画館「メトログラフ」をオープンした。
館内二つのシアターでは、映写機を回す35ミリのクラシック映画やインディ系の映画を上映。また、スナックコーナーでは、シーソルトとオリーブオイル風味などのグルメ仕様のポップコーンや、こだわりのお菓子などを販売している。2階にはハリウッド黄金期の撮影所の食堂をモチーフにしたというレトロな雰囲気のレストラン「メトログラフ・コミサッリー」と、映画関連の書籍やアートブックを扱っている書店もある。鑑賞前に、バーコーナーでカクテルを楽しむのもいいし、鑑賞後にニューアメリカンのキュイジーヌを味わいながら、映画談義に花を咲かせるのもおすすめだ。


ny161013.jpg

ブティックホテルのコンシェルジュのようなレセプション。フレンドリーなスタッフが出迎えてくれる。


ny2161013.jpg

映画鑑賞自体を楽しもうという映画館。ダウンタウンカルチャーの新たな発信基地になりそうだ。
Photo Courtesy Metrograph photographs : Mirella Cheeseman


ny4161013.jpg

鑑賞後などにゆったりと過ごせるレストランスペース。


ny3161013.jpg

左 にんじんやラディッシュ、ひよこ豆をローストしたメニュー。
右 ポップコーンをはじめとするこだわりのスナックコーナー。


「Metrograph」
No.7 Ludlow Street, New York NY 10002
TEL212 660 0312
metrograph.com

『装苑』2016年11月号掲載

MAGAZINE

『装苑』2017年10月号、8月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top