米津玄師やあいみょんのMVなども手掛ける映像作家・山田智和の個展「都市の記憶」

水曜日のカンパネラやサカナクションの映像作品でその存在と才能が注目され、2018年にはKID FRESINO「Coincidence」、米津玄師「Lemon」、あいみょん「マリーゴールド」、ゆず「うたエール」など話題になったミュージックビデオを手掛けて飛躍。さらにブランド広告やファッション誌のビジュアル撮影などそのクリエーションは多岐に渡っている。『装苑』2018年2・3月号では表紙も飾って頂いたDAOKOさんを撮影していただきました。ますますの活躍とクリエーションから目が離せない山田智和さんの初めての個展「都市の記憶」が、7月31日(水)から8月20日(火)まで、伊勢丹新宿店メンズ館 ギャラリースペース『ART UP/アートアップ』で開催される。
この「都市の記憶」では、山田さんが生まれ育った街"東京"をベースに、撮影で訪れた様々な都市での記憶や体験を、映像監督、再像作家としての観点から表現し、映像と写真を組み合わせた一つの個展として展示する。
イベントのメインビジュアルのプリントTシャツも数量限定で販売予定なのでこちらも要チェック!

yamada1.jpg

yamada2.jpg

yamada4.jpg


山田智和
1987年生まれ、東京都出身。映像作家。日本大学芸術学部映画学科映像コース卒業。
シネマティックな演出と現代都市論をモチーフとした表現を得意とする。
SUNTORY、GMOクリック証券、GIVENCHY、docomoなどのブランド広告をはじめ、サカナクション、米津玄師、Chara、水曜日のカンパネラ、KID FRESINO、あいみょんなどのアーティストのミュージックビデオ、ファッショ誌での写真連載からTVドラマまで、活動は多岐に渡る。
近年では、自身が手がけた米津玄師の楽曲「Lemon」のミュージックビデオの再生回数が4億回以上(2019年7月現在)を記録し話題に。また『SPACE SHOWER MUSIC AWARD 2019』にて「BEST VIDEO DIRECTOR」を受賞。
また、8月2日(金)より開催される、世界的写真家・森山大道を起点とした、都市型のアート共創プロジェクト「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」にて、新作映像を発表。

yamadatomokazu.jpg


山田智和 個展「都市の記憶」
期間:2019年7月31日(水)~8月20日(火)
場所:伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内『ART UP』
時間:10:00~20:00



MAGAZINE

『装苑』2020年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top