長久允作・演出『(死なない)憂国』、橋本愛出演『班女』など『MISHIMA2020』アンコール配信決定

9月に日生劇場で上演され、大好評を博した舞台『MISHIMA2020』の4作品の追加アンコール配信が決定!

JAM20201201.jpg

本誌装苑の 2021年1月号 p51で「ぼくたちは生きてるだけでロマンチックだ!」を寄稿した長久允さんが作・演出を手がけた『(死なない)憂国』は、演者に接近した臨場感ある撮影方法が、舞台というよりワンカット撮影の映画のようでもあり多くの反響をもたらした作品。「快快」の野上絹代さんの作・演出による『橋づくし』や、気鋭の演出家・映像作家の加藤拓也さんが作・演出を手がけた『真夏の死』(『summer remind』)、また、熊林弘高さん演出、橋本愛さん出演で話題を呼んだ『班女』もアンコール配信される。

チケット発売は12月8日(火)20時まで、視聴は12月8日(火)23時59分まで可能。1作品¥1,500、4作品セット¥3,000(プラス500円で公演プログラムを郵送)。

問合せ:MISHIMA 2020
WEB:www.umegei.com/mishima2020
Twitter:@MISHIMA_2020

『装苑』2021年1月号掲載

MAGAZINE

『装苑』2021年1月号、11月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top