ミナ ペルホネンによるテキスタイルの魅力と可能性を感じる展覧会「風景の色 景色の風 / feel to see」

mina20201029a.jpg

装苑賞で審査員を務める皆川明さんが主宰するブランド「ミナ ペルホネン」の展覧会「風景の色 景色の風 / feel to see」が11月7日(土)から12月1日(火)まで開催する。

服や家具においては材料であり、デザインのプロセスの途中に存在しているが、最終的なデザインを決定づける質感や色、グラフィックが表現されており全体の存在価値を大きく左右する重大な役割を果たしている"テキスタイル" 。
本展覧会は、ミナ ペルホネンや私達にとっての物づくりの起点となるテキスタイルデザインを通して、ブランドの営みや背景にある物語を体験することができる。

「テキスタイルに込められた世界観を映像として表現することで、そこに存在するモチーフや空間の織りなす景色や、そこに吹く風や光を感じることができるものとなっています。それらは単に目を刺激する色や形ではなく、人の記憶と繋がり、現実世界とは異次元のもう一つの時を刻み人生の足跡となるだろう」と皆川明さんは語る。

長い歴史の中で人々の生活で豊かさを生み出してきた "テキスタイル" が持つ、デザインにおいての役割りや重要性。デザイナーとして第一線で活躍する皆川明さんの見てきた世界を知ることができる貴重な展覧会へ、テキスタイルデザイナーを目指す方、ものづくりやデザイン、ファッションが好きな方はぜひ訪れてほしい。


「風景の色 景色の風 / feel to see」
期間:2020年11月7日(土)〜 12月1日(火)
場所:スパイラル
   東京都港区南青山5-6-23

入場料:無料(会期中無休)
※当日の空き状況により会場受付のお申込しみでも入場が可能です。
 希望の日時でご覧になりたい方の、事前予約はこちらから。

WEB:mina-spiral.jp
Instagram:@mina_perhonen.jp

MAGAZINE

『装苑』2020年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top