matohuデザイナー 堀畑裕之さんが初の書籍を出版!『言葉の服--おしゃれと気づきの哲学』が発売中

matohu190726a.jpg

『言葉の服--おしゃれと気づきの哲学』堀畑裕之著 
¥2,700 
トランスビュー

毎シーズンのコレクションに服は単なる消費財ではなく、長く大切に着続けてほしいというメッセージを込めているファッションブランド「matohu(まとふ)」のデザイナー、堀畑裕之さんが初の書籍『言葉の服--おしゃれと気づきの哲学』を7月初旬に発売した。
本書は、朝日新聞夕刊での人気コラムや様々な雑誌のエッセイを全面的に加筆し、ファッション=流行としてしか捉えなくなっている現代の「洋服」に対する考え方に切り込み、matohuの考え方にも通ずる「日本の美意識」についてシンプルで詩的な文体で書きつづったエッセイ集だ。さらに哲学者 鷲田清一さんと対話した「対話篇」と本書のために書き下ろした新たな章も加えられ、豊富なカラー写真と読み応えのある充実した内容となっている。

装丁は「朝焼け」の重ね色目のグラデーションの下から、matohuのテキスタイル柄が透けて浮かび上がり、「日本の美意識」とmatohuの見事な調和が表現されている。

WEB:www.transview.co.jp/book/b457441.html

堀畑 裕之(ほりはた ひろゆき)
服飾デザイナー。大阪府堺市生まれ。同志社大学文学部卒、同 大学院哲学専攻修了。その後、文化服装学院アパレルデザイン科へ。コム・デ・ギャルソンにて勤務の後、渡英しロンドンコレクションの仕事にたずさわる。帰国後、2005年にブランド「matohu(まとふ)」を関口真希子と共に設立。06年より、東京コレクションに参加。09年毎日ファッション大賞新人賞、資生堂奨励賞受賞。
matohu HP:www.matohu.com/

参考記事:「matohu」2019S/S TOKYO COLLECTION 小さき衣


MAGAZINE

『装苑』2019年9月号、7月26日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top