世界的写真家マッシモ・ヴィターリ、日本初の個展が開催に!

慌ただしい都会の日常から、自然を求めて海辺でのバカンスにエスケープする人々。そんな彼らの幸せに満ちた一瞬をおさめた写真でその名を知られる世界的写真家マッシモ・ヴィターリ。アナログフィルムのあたたかく豊かな色彩で表現された写真作品には、人々と自然との調和が映し出されている。


Massimo0625a.jpg

ピシーナ ダス マレス, ポルトガル, 2016


超大判カメラのディアドルフ11×14を自由自在に操り、高台から撮影された超高精細写真は高さ1.8m×横幅2.4mのサイズでまさに圧巻。世界限定6部という稀少な実物プリントを見られるチャンス!


Massimo0625b.jpg

カーラ コルサラ クラヴァリー, イタリア, 2013


Massimo0625c.jpg

モンデッロパドルボート, イタリア, 2007


Massimo0625d.jpg

サッチョーネ ブラック ビキニ, イタリア, 1997


Massimo0625e.jpg

カーラ マリオール シャーク, イタリア, 2014


Massimo0625f.jpg

カーラ リュサ サウス, イビザ, 2016


Massimo0625g.jpg

プラージュ デ カタランス, フランス, 2016


Massimo0625h.jpg

カルカヴェロス ピア, ポルトガル, 2016


また7月16日(月)の海の日には、マッシモ・ヴィターリご本人が在廊。実際に撮影で使用している機材を会場にセッティングし、撮影の裏側を語るトークショーも開催される予定。写真好き必見の展覧会、このチャンスをお見逃しなく!


Massimo0625i.jpg


Massimo VItali / マッシモ・ヴィターリ
1944年生まれ、イタリア・コモ出身。写真家。'64年にロンドン芸術大学のロンドン・カレッジ・オブ・プリンティング(現ロンドン・カレッジ・オブ・コミュニケーション)にて学び、'79年よりフリーのフォトジャーナリストとして活動を開始。'89年に広告やフィクション映画の撮影技師として活動をはじめる。1993年から大判フィルムカメラで撮影、'95年にビーチシリーズを撮り始める。

「Coastal Colonies by Massimo Vitali」
会期:2018年7月10日(火)~16日(月・祝)海の日
会場:スパイラルガーデン Spiral 1F
   東京都港区南青山5-6-23
時間:11:00~20:00
入場:無料
TEL:03-3498-1171
WEB:polugallery.jp

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top