古今東西の香りの器240点が一堂に!「香りの器 高砂コレクション 展」

陶磁器やガラスで作られた様々な香水瓶など異国の香りの器や、日本の伝統的な香りの器、計240点が集結する「香りの器 高砂コレクション 展」が1月9日(土)から3月21日(日)まで、パナソニック汐留美術館にて開催される。
人類の誕生とともに始まったとも言われる香りとその器の歴史。今回、これらの香りの器に加えて、香りを想起させる貴婦人の肖像画やアール・デコ時代を象徴するような作品など、国内の美術館からの特別追加作品もあわせて展示される。同じ時代の絵画や作品から、香りの器がどのようにして生まれ使用されていたのか、想像を巡らせてみて。


kaori201207a.jpg

赤色ガラス香水瓶 18世紀 高砂コレクション


kaori201207b.jpg

セーブル 草花文ポプリポット 18世紀 高砂コレクション


kaori201207c.jpg

被せガラスエナメル金彩花文香水瓶 19世紀 高砂コレクション


kaori201207d.jpg

ポール・ポワレ/ジュリアン・ヴィアール 香水瓶「道化(ロジーヌ社)」
1923年 高砂コレクション


kaori201207e.jpg

七宝花鳥文香炉 明治時代 高砂コレクション






「香りの器 高砂コレクション 展」
期間:2021年1月9日(土) ~3月21日(日)
場所:パナソニック汐留美術館
   東京都港区東新橋1丁目5−1 パナソニック東京汐留ビル 4階
時間:10:00~18:00(入館は午後5時30分まで)
休館日:水曜日

入館料
一般:¥1,000、65歳以上:¥900、大学生:¥700、中・高校生:¥500、小学生以下:無料 
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料。

主催:パナソニック汐留美術館、東京新聞
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
特別協力:高砂香料工業株式会社
企画協力:岡村印刷工業株式会社、株式会社求龍堂、株式会社アートワン

WEB:panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/21/210109/

MAGAZINE

『装苑』2021年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top