鈴木崇が見せる形の世界に浸る、写真展「Form-Philia」がIMA galleryで開催中

東京・六本木にあるIMA gallery(イマギャラリー)で鈴木崇さんの写真展「Form-Philia」が好評開催中だ。タイトルのForm-Philiaとは形を意味するFormと、嗜好や偏愛などの意味を持つPhiliaを合わせた造語。今回は"形の嗜好"という言葉がぴたりとはまる「BAU」と「ARCA」シリーズ2作と新作を展示している。
「BAU」とはドイツ語で「建築」や「構造」を意味する単語。このシリーズでは様々に組み合わせたカラフルなスポンジを黒い背景で撮影し、輪郭を際立たせることでアーキテクチュアルな側面を見出した。また「ARCA」シリーズは影を大判カメラで撮影し、限りなく引き伸ばすことで、サイズ感や境界をあいまいに。情報を削ぎ落された影は別の何かを感じさせるものへ変貌を遂げた。新作は家々をモンタージュすることで生まれる奇妙さを写した風景写真となっている。さまざまなアプローチで形に迫った写真が整然と並ぶ空間は圧巻の一言。会期の終了も迫ってきているので、早めに体感してほしい。

IMA150618_1.jpg

BAU, 2014, TAKASHI SUZUKI



IMA150618_2.jpg

BAU#3677, 2012 (c)TAKASHI SUZUKI



鈴木崇展「Form-Philia」
期間:開催中~2015年7月12日(日)
会場:IMA gallery / IMA CONCEPT STORE内
   東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
時間:12:00~22:00(平日)、11:00~20:00(土・日・祝)
TEL:03-5572-7144
WEB:imaconceptstore.jp

MAGAZINE

『装苑』2019年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top