配給会社別の見放題パックがスタート!「Help! The 映画配給会社プロジェクト」

日本は、公開規模の大小などに関わらず世界中の映画を劇場で楽しめる稀有な国。その多様性を創造してきたのが、志を持って映画を届けてきた独立系映画配給会社だ。劇場の本格的な再始動がまだまだ不透明な中、配給会社を支援し映画の多様性を守る「Help! The 映画配給会社プロジェクト」が立ち上がった。その内容は、アップリンククラウドを使用した配給会社ごとの「映画配給会社別 見放題配信パック」。本日15:00より、第一弾として5社のパック全90作品の配信がスタートする。
Help200515a_small.jpg
「クレストインターナショナル」からはジャン・ルノワールやミア・ハンセン=ラヴ、ウニー・ルコント、ホン・サンス作品が。「ザジフィルムズ」はジャン=リュック・ゴダール、アニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミなどヌーヴェルヴァーグの傑作群、またヤン・シュヴァンクマイエルの『アリス』をラインナップ。アルノー・デプレシャン監督などヨーロッパの名監督の作品が揃う「セテラ・インターナショナル」や、国際映画祭で高く評価された映画を中心に、異色の長編ドキュメンタリー『大いなる沈黙へ ーグランド・シャルトルーズ修道院』も配信する「ミモザフィルムズ」、アピチャッポン・ウィーラセタクンやワン・ビンなどアジアの美しい作品をはじめ、本邦初配信の13作品をラインナップした「ムヴィオラ」など、作品リストを見るだけで心躍る。この配信パックで、新旧問わず世界中の素晴らしい映画に出会って。

film200515a.jpg

©1961 STUDIOCANAL - EURO International Films S.p.A.
『女は女である』ジャン=リュック・ゴダール監督

film200515b.JPG

©JEAN-CLAUDE LOTHER - WHY NOT PRODUCTIONS
『あの頃エッフェル塔の下で』アルノー・デプレシャン監督


「Help! The 映画配給会社プロジェクト」
WEB:www.uplink.co.jp/cloud/features/2408/
第二弾は2020年5月22日(金)15:00配信開始予定。

公式 note:note.com/help_the_dsbtrs
公式 Facebook:www.facebook.com/help.the.disributors/
公式 twitter:@twitter.com/help_the_dsbtrs


MAGAZINE

『装苑』2020年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top