GALLERY MUVEILで、絵本『ダーウィンの「種の起源」 はじめての進化論 』発売記念トークイベントを開催!

MUVEIL(ミュベール)のデザイナー中山路子さんの服作り、人生を通じて意識するのは「生きとし生けるもの」の姿。そんなMUVEILの2019SSは「ゼツメツキグシュ」に瀕される生き物たちに着目し、それを「身に付ける」中山さんの想いをミュベールらしくポジティブに伝えた。
そんな2019SSを考えていく上で影響を受けた、絵本『ダーウィンの「種の起源」 はじめての進化論 』が2019年4月23日(火)に発売する。発売を記念して、4月24日(水)に翻訳を担当した、「ドリトル先生」の世界や昆虫を愛し、生命の謎を問いつづける生物学者・福岡伸一さんのトークイベントをGALLERY MUVEILにて開催。

「ダーウィンの「種の起源」」書影.jpg

int_Darwin_p34.jpg

『ダーウィンの「種の起源」 はじめての進化論 』¥2300
岩波書店
サビーナ・ラデヴァ作・絵、福岡伸一訳
2019年4月23日(火)発売  

なぜ生きものは環境に合わせて、さまざまな見かけや性質を身につけることができるのか。ある生きものが絶滅して、ある生きものが生き残るのはなぜなのか――
生命の「なぜ」を説明した、ダーウィンの『種の起源』。世界を大きく変えたこの名著を、サビーナ・ラデヴァさんが美しい絵と文章でわかりやすく語りなおした、だれもが楽しめる「科学&アート」な絵本です。

福岡伸一 訳
生物学者。1959年生まれ、京都大学卒。少年時代の虫好きが嵩じて生物学の道に進む。米国ハー バード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授、米国ロックフェラー大学客員教授。『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新 書)、『動的平衡』(木楽舎、小学館新書)など著書多数。

サビーナ・ラデヴァ 作・絵
グラフィック・デザイナー、イラストレーター。ロンドン在住。ドイツのマックス・ プランク研究所で分子生物学を学んだのち、2009年に芸術家になることをきめ、イラストの勉強をはじめる。科学とアートを結び付けるような仕事に、情熱 をかたむけている。本書がはじめての作品。

「福岡伸一氏トークイベント」
開催日:2019年4月24日(水)
場所:GALLERY MUVEIL
時間:18:30 開場
   19:00 福岡先生トークイベントスタート
   20:15 終了予定
入場料:1000円
WEB:tanemaki.iwanami.co.jp/categories/692


MAGAZINE

『装苑』2019年9月号、7月26日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top