【From Paris】パリの冬の風物詩 vol.2:マルシェ・ド・ノエル

--文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなどパリで日々見つけたものを発信。

フランスで、日本のお正月に匹敵する重要行事といえばクリスマス。田舎のあるパリジャンたちは帰省し、家族が集まり聖夜を迎える。家を飾り、ごちそうを食べ、プレゼント交換もするので、買い物だけでも数日前から大忙しになるのだ。そんな中、クリスマスのための必需品を調達できるのがマルシェ・ド・ノエル(クリスマス・マーケット)である。マーケットは、11月下旬頃からヨーロッパの各地で開かれ、パリのあちらこちらでも屋台が並ぶ光景を目にする。売られているのは、ツリー、オーナメント、クレッシュ・ド・ノエル(キリスト降誕の様子を再現した模型)などのデコレーショングッズをはじめ、フォアグラ、ソーセージ、ジンジャーブレッドなど、食料品も多い。クリスマスに関連するものもあれば、無縁に思えるものも。中には、買い物客のお腹を満たすための屋台もあり、パエリアやホットドック、ヴァン・ショー(砂糖やシナモンで味付けした温かいワイン)などのいい香りが食欲をそそる。日本のお祭りのようでもあり、ワクワクした気分になる冬の風物詩なのである。

marche_noel_20151219_01.jpg

シャンゼリゼ大通りのマルシェ・ド・ノエル。趣向を凝らしたデコレーションも見どころ。



marche_noel_20151219_02.jpg

冬といえば焼き栗の屋台。



marche_noel_20151219_03.jpg

クリスマスツリーの飾り付けに使われるジンジャークッキー。



marche_noel_20151219_04.jpg

サンタクロースのスノーボール。プレゼントの種類に制限がないように屋台もいろいろ。



marche_noel_20151219_05.jpg

ワインのおつまみに欠かせない保存食のソーセージ。



marche_noel_20151219_06.jpg

バラエティに富んだチーズの屋台はフランスならでは。



Text : B.P.B. Paris

MAGAZINE

『装苑』2020年9月号、7月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top