ヨーロッパの女性モードファッション約250年を巡る展覧会「ヨーロピアン・モード」

europe210118c.jpeg
18世紀から20世紀末まで、ヨーロッパを発信源とする約250年の女性モードの変遷を、その社会背景とともに紹介する展覧会「ヨーロピアン・モード」を文化学園服飾博物館にて2月18日(木)から4月22日(木)まで開催する。

ヨーロッパのドレスは、それぞれの時代でスカートの形や丈、袖の大きさなどに流行が見られた。これらは、女性の好みやデザイナーの創造力のみによるものではなく、政治的、経済的、社会的な要因が密接に関係している。

europe210118d.jpeg
europe210118b.jpeg

本展では、宮廷が流行を生み出した18世紀のロココ時代から、産業の発達や社会の成熟とともに変化する19世紀を経て、若者や大衆が流行の担い手となった20世紀末まで、女性の装いの変化を見ることができる。特集展示「19世紀末からの服装改革」では、移動手段の発達、健康増進のためのスポーツの推奨、女性解放運動の提唱などにより、ドレスにも活動的な要素や機能性が取り入れられるようになるなど、変化する社会とともに活動的になりはじめた女性のドレスやスポーツ服が展示される。
またダイアナ元皇太子妃の生誕60周年を記念して特別に展示される、3つの美しいドレス(寄託資料)にも注目!多種多様に変化するファッションと、その時代を生きた女性達へ思いを馳せてみて。

europe210118a.jpeg

「ヨーロピアン・モード」
期間:2021年2月18日(木)~4月22日(木)
場所:文化学園服飾博物館
   東京都渋谷区代々木3丁目22-7
時間:10:00~16:30   ※入館は閉館の30分前まで
休館日:日曜日・祝日
料金:一般 ¥500  
   大学・専門学校・高校生 ¥300
   小・中学生 ¥200
※障害者の方とその付添者の方1名は入場無料。
WEB:museum.bunka.ac.jp

※混雑時には入館をお待ちいただくこともあります。
※状況により開館日、開館時間等予定が変更される場合があります。最新の情報はホームページでご確認ください。

MAGAZINE

『装苑』2021年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top