ノスタルジックで新しい現代アート 江頭誠の作品展

『装苑』1月号 p14のファッションビジュアルに映っているシュールかつロマンティックなオブジェの数々。これらを作ったアーティスト、江頭誠さんの作品にお目にかかれるコンセプト展が開催中。2015年に花柄毛布を使った霊きゅう車の作品が第18回岡本太郎現代芸術賞で特別賞、翌年には「SICF17」にてグランプリを獲得して話題となった江頭さん。今回は「自分らしさの物体練習Ⅱ」をテーマに、西洋風花柄の毛布を使用した置物が淡々と並ぶ。一言で花柄毛布と言っても、実は1点ずつ雰囲気は異なるものを使用。また、毛布でくるまれていながらも、フォルムだけで何となくわかる有名な置物や人形をモチーフにしているのもユーモラスだ。緻密で異端的、そしてフォトジェニックな芸術品を生で見てほしい。

soen191217.jpg

期間:2020年3月17日(火)まで
場所:伊勢丹新宿店 メンズ館「ストア・アイデンティティ」
   東京都新宿区新宿3-14-1 6階 
TEL:03-3352-1111

『装苑』2020年1月号掲載

MAGAZINE

『装苑』2020年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top