Bunkamura30周年を記念した 舞台『唐版 風の又三郎』が 2月8日(金)より開幕

劇作家、唐十郎さんの傑作舞台『唐版 風の又三郎』が劇団・新宿梁山泊主宰の金守珍さんの演出で上演される。主演を務めるのは、2013年に上演された『唐版 滝の白糸』でも唐作品に出演した窪田正孝さんと、宝塚歌劇団の星組トップスターとして不動の地位を確立し、退団後も舞台に限らず幅広く活躍中の柚希礼音さん。そのほかにも北村有起哉さんや丸山智己さん、江口のりこさんなど豪華な顔ぶれがそろう。さらに本誌p48にご登場いただいた宇野亞喜良さんが手がける美術・衣装も見どころのひとつ。
東京公演は2月8日(金)〜3月3日(日)、Bunkamura シアターコクーン。大阪公演は3月8日(金)〜13日(水)、森ノ宮ピロティホール。開演時間やチケット料金などの詳細はwww.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/19_kazemata/ へ。

soen190123d.jpg

『装苑』2019年03月号掲載

MAGAZINE

『装苑』2019年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top