花・植物を題材としたクリエイティブ集団「AMKK」の非現実的なインスタレーション展示

AMKK201216_1.jpeg
オートクチュールの花屋として「JARDINS des FLEURS(ジャルダン・デ・フルール)」を構える、フラワーアーティスト・東信さんと、ボタニカル・フォトグラファー・椎木俊介さんによる、花・植物を題材とした実験的な活動を展開していくクリエイティブ集団「AMKK (東信、花樹研究所)」。花・植物のみが有しているもっとも神秘的な形を見つけ、それを芸術的レベルに変換し表現する事で、植物の存在価値を高めてきたAMKKのインスタレーション展示「Paludarium Tachiko & Yasutoshi」が原宿のギャラリーStandByにて、2021年1月31日(日)まで開催中。

テーマは、"Paludarium(パルダリウム)"。植物を外気から守り成長を促進させるパルダリウム(温室)を再解釈した作品群は、本来のパルダリウムに由来する19世紀イギリス貴族の観賞用や娯楽として用いられたものとは異なり、現代が誇る文化やテクノロジーに沿った、そして一種の反立を含めた作品群として誕生した。独自の視点から植物の美を追求し、現実から切り離されたかのような空気感をもつ貴重なインスタレーション作品をお見逃しなく。

AMKK201216_2.jpeg
AMKK201216_3.jpeg
AMKK201216_5.jpeg


「Paludarium Tachiko & Yasutoshi」
期間:2021年1月31日(日)まで
場所:StandBy
   東京都渋谷区神宮前 5-11-1
時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日、2020年12月28日(月)~2021年1月5日(火)
WEB:azumamakoto.com
Instagram:@amkk_project

MAGAZINE

『装苑』2021年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top