コレクション一挙大公開!ニットデザイナー・三國万里子さんの九州初となる展覧会「編みものけものみち 三國万里子展」

amimono101214e.jpeg

本展メインビジュアル
題字:ミロコマチコ 写真:長野陽一 デザイン:DICTOM DESIGN


数々の手芸本を出版し、編みものキットのお店「M i k n i t s 」を展開する、ニットデザイナー三國万里子さんの九州初となる展覧会「編みものけものみち 三國万里子展」が2020年12月19日(土)から2021年1月31日(日)まで開催される。三國さんの作品は、チャーミングでユーモラス、そして懐かしい心地良さが漂うニットたち。その魅力は、図柄の見立ての面白さ、サイズ感や着心地の良さだけでなく、編み飽きないための工夫もあいまって、「見る」「着る」「編む」といった複数の観点からバランス良く生み出されている。ときには、豊かな物語が始まりそうな情景が込められた作品もあり、ニットデザイナーの編みもの枠にとらわれない感性の豊かさがうかがえる。

amimono101214d.jpeg

三國万里子 写真:長野陽一

展覧会の名前の由来は、三國さんが「1日かけてミトンを編む」という風変わりな中継をした際に、カメラの前でパンダのようにあぐらをかき、朝から晩までただ編み続けた姿が「編む動物みたい」と例えられたのがきっかけ。三國さん自身も、指で糸を手繰っていると、糸を食べているような「糸が自分の中を通って、編みものとして出てくる」ような感覚があると語っています。

本展では、三國さんのニット作品や愛用道具、ニットとともに楽しむ洋服やアクセサリーのコレクション、そして貴重な所蔵書籍や資料なども展示する。幅広い関心とチャレンジングな姿勢で、ニットの独自の楽しみ方を伝え続けてきた彼女が生み出す、豊かな創造とその道のりからインスピレーションを高めて。



会期中は、会場併設のアートショップ・ドットジーにて、関連書籍およびミクニッツ商品を販売する。


「編みものけものみち 三國万里子展」
期間:2020年12月19日(土)~2021年1月31日(日) 
休館日:12月31日(木)、1月1日(金・祝)
時間:10:00~20:00 
場所:三菱地所アルティアム(イムズ8F)
   福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F 
TEL:092-733-2050
料金:一般 ¥400(¥300)、 学生 ¥300(¥200)、高校生以下無料、 再入場可
   ※( )は前売料金(チケットぴあ)
   ※アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料
協力:学校法人文化学園 文化出版局、株式会社ほぼ日

MAGAZINE

『装苑』2021年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top