〝生きているミュージアム″、「ニフレル」のキュートな新CMを特別に公開!SUMIREとスタイリスト遠藤リカさんへインタビュー

「ニフレル」は、大阪の万博記念公園内にある水族館と動物園、美術館が一体となった新感覚のミュージアム。<感性にふれる>をコンセプトにした館内は、鮮やかな色彩とユニークな形、個性などを持った魚や、愛着を感じずにはいられない動物たちが織りなす刺激的な空間となっていて、いつも多くの人達でにぎわっている。現在、関西地区限定で公開中の「ニフレル」新CMと広告ビジュアルに、『装苑』モデルのSUMIREちゃんが登場中!ファンタジックなスタイリングを手がけるのは、本誌でもおなじみのスタイリスト、遠藤リカさんだ。生命の美しさと豊かさに触れられる「ニフレル」のイマジネーションあふれるCMと広告ビジュアルの舞台裏を、その映像や写真とあわせて、SUMIREちゃんと遠藤さんのインタビューによってお届けします。


「ニフレル」CM









AE / 錦部高侑(電通)、PL / 佐野章子(電通)、AD / 井上信也(電通)、Pr / 市橋弘子(電通クリエーティブX)、PM / 三枝桃子(電通クリエーティブX)、柏原志保里(電通クリエーティブX)、Dir / 鎌谷聡次郎(コトリフィルム)、Ph / 上野千蔵、LD / 西田まちお、A / 松本千広、STY / 遠藤リカ、HM / 上川タカエ(モッズヘア)


「ニフレル」グラフィック


nifrel180329.jpg


nifrel2180329.jpg


nifrel3180329.jpg

AE / 錦部高侑(電通)、CW / 佐野章子(電通)、AD / 井上信也(電通)、Ph /吉田多麻希(ナンバーツー)、STY / 遠藤リカ、HM / 上川タカエ(モッズヘア)、レタッチャー / 佐藤加奈子(VITA)、Pr / 井置麻呂也(電通クリエーティブX)、D / 澤頭和宏(電通クリエーティブX)、西澤志野(電通クリエーティブX)




スタイリスト 遠藤リカ インタビュー


「今回のCMでは、スタッフが皆『ニフレル』の<遊んで、見て楽しむことができる>という施設の特長を映像で表現しようとしていました。そして衣装の重要なポイントの一つは、鎌谷聡次郎監督が明確にイメージしている色彩のトーンに、いかに服をあわせることができるか、でした。そのため、鎌谷監督に細かな部分まで相談しながら進めていましたね。テーストとしてはシュールで、少しのレトロさがある世界を作りつつ、SUMIREちゃんの個性を活かすためにモード感と高級感も意識しています。レトロと今らしさの間の着地点をずっと模索していました。
既製服で対応ができないシーンについては、Yuki Inoueさんに製作を手がけてもらい、衣装を作っています。赤のドレスはボンディング素材で、SUMIREちゃんが寝転がった時のシルエットが印象的になるよう、袖とスカートを円形のパターンにしました。ニフレルにいるホワイトタイガーをイメージした白×黒のストライプワンピースは、ポリエステルの光沢素材です。ワンピースの衿とカフスは実はビニールコーティングをしていて、光沢素材とのバランスをとりつつ特別感も出しているんですよ。
計算された配色と背景は美術担当の松本千広さん、タツノオトシゴモチーフのヒールは、造形美術家の松本美香さんの力作!いずれも想像以上の仕上がりで、本当に感激しました。上川タカエさんのヘア&メークで表現される魚のリップも素晴らしいので、ぜひ注目して頂きたいです。
スタッフが一丸となって取り組んだCMでしたが、やはり監督の鎌谷さんの世界観がキーだったと思います。全てのシーンがお気に入りの、私にとって大切なお仕事になりました」

遠藤リカ ● 岐阜県出身。OLを経て川村都スタイリストスクールへ入学。スタイリストの大森伃佑子さんに師事し、2007年独立。雑誌や広告、ミュージシャンの衣装などを手がけ、一点物を用いた個展も開催している。



nifrel4180329.jpg

衣装制作をした、赤色の円形パターンドレスのデザイン画。
Drawing by Yuki Inoue



装苑モデル SUMIRE インタビュー

「動物との共演が初めてだったので、撮影中も、仕上がりを見ても、とても新鮮でした。CMでは、特にカピバラを双眼鏡で見ているシーンが好きです。現場にもカピバラがいて、私のヘア&メーク中に撮影をしていたり......!凝ったセットも含め、これまで経験したことがないことばかりの現場で、とても楽しかったですね。グラフィックのほうではホワイトタイガーと一緒の写真があるのですが(※写真上)、その写真は、衣装も含めて気に入っています。私自身、瞳が普通とは違う色だったりして、ちょっと動物っぽいかなと思うんです。例えるなら、は虫類のような......(笑)。なので、『ニフレル』のCM撮影中は、動物と人間のミックスの女の子のような気持ちでいました。
実際『ニフレル』に遊びに行ったら、大人も子供も平等に楽しめる、こんな場所があるんだって驚きました。魚がまるでアート作品のように見えて、水族館であり、動物園であり、美術館でもある空間。その時は夜だったので、今度大阪に行ったら、昼間の『ニフレル』も体験しようって思っています」

SUMIRE ● 1995年生まれ、東京都出身。2013年11月、Charaの「やさしい気持ち」MVに出演して注目を浴び、2014年4月号より装苑モデル。映画『サラバ静寂』『リバーズ・エッジ』に出演し、今後、映像作品での活躍も期待される存在。





INFORMATION
2015年11月、大阪府の万博記念公園内にオープンした新感覚のミュージアム。「感性にふれる」をコンセプトにした、7つのゾーンからなる刺激的な空間だ。2016年からは「生きものとアートにふれる展」として、生きものの美しさと人間の創造性を組み合わせる先進的なプロジェクトを7月1日(日)まで続けている。楽しんで館内を歩いているうちに、地球上の様々ないのちと個性に対する多様性を感じ取ることができる稀有な施設。

「ニフレル」
場所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
時間:10:00~20:00(最終入館時間19:00)
料金:大人(16歳以上)・高校生¥1,900
   こども(小・中学生)¥1,000
   幼児(3歳以上)¥600
WEB:www.nifrel.jp

SUMIRE×ニフレル特設サイト:
www.nifrel.jp/sumire/


MAGAZINE

『装苑』2018年9月号、7月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top